Bizlady

今年こそ…少額からコツコツ始める!ローリスク「純金投資」の基本のキ

正直言って、節約しながらの貯金だけじゃ資産形成は厳しいから、副業か投資をしたい。でも、投資にはたくさんお金が必要だし、リスクも怖い……。

その場合は、“少額”かつ“ローリスク・ローリターン”の投資からチャレンジしてみるという手もあります。

そこで今回は、上記の条件に当てはまる“純金投資”の概要をご紹介します。

 

■お金の避難先になる“純金”! 不穏な世界情勢や景気悪化の時は値上がりする傾向

“純金投資”というと、ハードルが高そうに思えるかもしれません。しかし、『楽天証券』や『住友SBIネット銀行』をはじめとするネット証券・銀行では、“毎月1,000円から1,000円単位”で純金投資が可能です。これなら、貯金もしつつ余裕資金で気軽にチャレンジできそう。

企業価値や権利など実体のないものに価値が与えられている株や債券などの“金融資産”とは異なり、“実物資産”である純金の場合は金という物質自体に高い価値があります。さらに、純金の価値は世界共通。それゆえに、他の金融商品よりも値動きが安定しており“安定資産”とも呼ばれることが多いです。

世界同時株安や国際情勢の悪化(テロの発生など)の際は、投資家たちは高リスク資産(新興国の株など)を売却して、“避難先”として純金や日本円などを購入する傾向があります。これを、“有事の金買い”“有事の円買い”と言います。

楽天証券のウェブサイトでは、金の値動きについて次のように説明しています。

<一般的には世界の基軸通貨である「米ドル」が下がる(ドル安になる)と、より信用リスクの低い金に資金が流入し、金の価格が上昇します。そのため、米ドルと金の価格には強い逆相関があります>

また、同サイトによると、金投資はインフレ対策としても利用されることが多いそう。インフレになると、物の値段が上がり相対的にお金の価値が下がります。資産が預金だけだと、インフレによる打撃を受けるおそれも。

<また、金は実物資産なので、インフレ(物価上昇)にも強い特徴があります。たとえば原油価格と金の価格を比較すると、似たような動きをしていることがわかります。原油と金の価格に直接的な因果関係はありませんが、原油やモノの値段が上昇することは、通貨の価値の下落を意味するので、やはり信用リスクの低い金にも人気が集まります>

 

■“ローリスク・ローリターン”短期で大きく儲けるのには不向き

もちろん、デメリットもあります。前述のとおり、純金は価値が安定しているので、株などと違って短期間での大幅な値上がりは期待できません。

三菱マテリアル株式会社のウェブサイトによると、

<金投資に向いているのは、短期の利益よりも現在の資産を守りながら投資をしたいと思う人です。(中略)短期で目先の利益を目指すのではなく、利益を生むことより長期保有で資産を守りたい人にとっては、余裕資産の大小に関わらず「守りの資産」として金投資が有効だと言えます>

そのため、純金投資は他の金融商品と組み合わせてリスクヘッジ目的で行われることも多いです。株などのハイリスクな金融商品が急激に値下がりしたとしても、併せて純金を保有していれば、全滅を防げる可能性が高いということです。

「卵はひとつのカゴに盛るな」という投資のことわざがありますが、特定の資産だけに偏った資産形成は危険だと言われています。

楽天証券のサイトでも、“守りの資産”としての純金の有用性について

<資産運用の基本に、自分の持つ財産は、異なる性質の資産に分けて保有せよ、という考え方があります。(中略)一般的に、金価格と株価は相関性が低く、金価格と米ドルは逆相関の関係があり、すでに株式や外貨(FX)に投資している方は、資産の一部を金に分散投資することは、リスクヘッジとして有効だと思われます>

と説明されています。

 

以上、純金投資の概要でしたが、いかがでしょうか?

大儲けはあまり期待できないけれど、投資のはじめの一歩や、もしものときのリスクヘッジとしても参考にしてくださいね。

(注: 本記事は、情報提供のみを目的としており、特定の金融商品の購入を勧めるものではありません)