VenusTap

いじめにストーカー!実際に起きた「LINE」トラブルランキング

SNSなどの便利なコミュニケーションツールは、私たちの生活になくてはならないものです。しかし、便利である反面、トラブルに巻き込まれてしまうリスクも有りますよね。

そこで今回は、全国の女性500名に対しLINEでのトラブルの有無を調査したうえで、トラブルが「ある」と答えた48人に対し、具体的な内容を伺ってみました。

 

■もう勘弁してよ…1位は「恋人以外の男性からのしつこい連絡」

<LINEトラブルの具体的な理由は?>

1位:恋人以外の男性からのしつこい連絡・・・18票

2位:知らない人からしつこく連絡がきた・・・9票

3位:脅しやストーカー被害・・・8票

4位:自分の個人情報を友人や知人が勝手に教えた・・・6票

5位:LINEグループ内でのいじめ・・・5票

今回最も多かった回答は「恋人以外の男性からのしつこい連絡」でした。恋人や好きな人からであれば頻繁な連絡も嬉しく感じますが、好きじゃない男性からの執拗な連絡は、迷惑を通り越して恐怖すら感じてしまいますよね。

「合コンで知り合った人とLINE交換したら毎日しつこく連絡がきた。スルーしていたけれど“お願い、返事して!”と相手が必死すぎて怖かった」や「友達を介した知り合いから、毎日のように“おはよう”や“おやすみ”、どこかへ行ったときの写メなどが送られてきた」など、女性の気持ちを考えず突っ走る男性からの連絡ほど迷惑なものはないという意見が多く寄せられました。

 

■あんた誰よ!? 2位「知らない人からしつこく連絡がきた」

続いて2位に、「知らない人からしつこく連絡がきた」という回答がランクイン。LINEは電話番号を知らなくても繋がることができるため、場合によっては知らない人に連絡先が伝わってしまう可能性もあります。

「突然知らない人から“友達になろう”とメッセージがきた」、「“元気?”とか“覚えてる?”とメッセージがきたので知り合いだと思って返事をしていた」など、知らない人からの連絡は怖いですよね。詐欺や個人情報の流出など大きなトラブルに発展することもあるので十分注意したいものです。

 

■もはや犯罪の域! 3位は「脅しやストーカー被害」

3位には、「脅しやストーカー被害」に遭ったという意見がランクインしました。わずかな回答数の中で8人も脅しやストーカーの被害を受けているということですから、とても他人事とは思えないですよね。

「告白を断った人から、夜中に“今から家に行く”や“親に連絡する”などしつこくLINEがきて怖かった。“連絡しないと死ぬ”と言われたこともある」や「“次会ったら殴るぞ”と言われ、嘘だと知りながらもしばらく外を歩くのが怖かった」といった、実際に怖い思いをしたという意見も。

相手からの連絡がないと不安になりしつこく連絡をしてしまう“LINE依存症”と呼ばれる症状もあるなど、深刻になりつつあるLINEトラブル。最初は悪気がなくても、自分を抑えきれず無意識に犯罪の域まで足を踏み入れてしまうような人もいるようなので、十分注意したいですよね。

 

■個人情報ガバガバ! 4位「自分の個人情報を友人や知人が勝手に教えた」

4位には「自分の個人情報を友人や知人が勝手に教えた」がランクイン。「勝手に連絡先を教えるってどういう友達!?」と思わず突っ込んでしまい︎そうになりますが、悪気があったわけではなくても簡単に他人に情報が流れてしまうことは現代の社会ではありえることですよね。

「別れて電話番号を変えたのに、別れたことを知らなかった友達から新しい連絡先を聞いて元カレが連絡してきた」、「マルチ(商法)をやってる友達に、小学校のときのクラスの友人ほとんどのLINEを教えた人がいた」など、知られたくない人に連絡先を知られてしまうといったトラブルは少なくないようです。

 

■なんて幼稚なの! 5位は「LINEグループ内でのいじめ」

5位には「LINEグループ内でのいじめ」という回答がランクインしました。中学生や高校生など、子供たちの間で大きな問題となっている“LINEいじめ”ですが、大人になってまでLINEいじめを行なっている人もいるようです。これには少々びっくりしますよね。

「ママ友グループの中で1人の人をみんなで必要以上にイジっている」など、陰湿ないじめの現場に遭遇した人もいるよう。付き合いが浅く交友関係や行動範囲が狭くなりつつあるママ友グループなどは、ほんの些細なことがきっかけでボスママを中心にいじめが発生するなど、こちらも深刻な問題ですね。

 

気軽に使用しているLINEなどのツールですが、誰でも友達になれるような設定や、知らない人からのメッセージも受信できる設定なっているなど、セキュリティ対策が万全でない場合はトラブルにも遭いやすいもの。

今一度、自分が使用しているツールの設定を見直し、知らない人や望まない人からのメッセージを受信しないように設定してみて。また、自分では気づいていないけれど、自らSNSなどで個人情報を公にしていることも有りえます。今一度、確認をして防犯意識を高めてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ うぇーいwwとか書く男ムリ!「頭悪そう」と思うLINEの特徴ランキング

※ ブロックすんぞ!3位は改行ゼロ「読むと疲れるLINE」ランキング

※ 朝からゴメンね…はNGワード!男性を落とす「恋のLINEテク」まとめ

※ ウザ!2位は長文…夜にくるとイラッとする彼女からのLINEランキング

※ 2位電話に出ずLINEで返す!自然消滅を狙っている男がやるLINE1位は