VenusTap

5位ムロツヨシ!2位古田新太「主役より目立つ脇役俳優」コワモテ1位は

主役を上手く引き立てながらも、見る者の印象に残る“名脇役”たち。

圧倒的な演技力や強烈な存在感に「完全に主役より目立ってる!」と、思ったことがあるのでは?

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に対して「正直、脇役なのに主役より目立つと思う男性芸能人は?」という独自アンケート調査を実施。

気になる結果を、ランキング形式でご紹介しましょう。

 

■コワモテの“エンケン”こと「遠藤憲一」が1位!

<脇役なのに主役より目立つと思う男性芸能人ランキング>

1位・・・遠藤憲一(44票)

同率2位・・・大杉漣(39票)

同率2位・・・古田新太(39票)

4位・・・生瀬勝久(34票)

5位・・・ムロツヨシ(33票)

6位・・・小日向文世(30票)

現在放送中の『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京)に出演中の、「遠藤憲一」が1位にランクイン。

50代以上の名脇役俳優たちが、シェアハウスでひとつ屋根の下の生活を送る内容ですが「どこから演技なのかわからない」と思わせるほどの、俳優陣のナチュラルな演技が魅力ですよね。

とくに遠藤憲一のコワモテなのに意外と繊細なキャラクターは、「じつは、素なのでは?」と感じさせるほど。

圧倒的な存在感と演技力で、どんな作品で何の役を演じても異彩を放ってしまう遠藤憲一。

「目力と存在感がすごすぎる。シブい脇役俳優といえばこの人だな」、「コワモテなのに可愛いからズルイ!」、「最高にかっこいいオジサンだと思う」と多くの票を集めました。

 

■300の顔を持つ男!? 同率2位「大杉漣」

遠藤憲一と同じく、『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京)に出演中の「大杉連」が2位にランクイン。

“300の顔を持つ男”と呼ばれており、バイプレイヤー(脇役)の代表的存在として、ドラマでもリーダー的な役割を務めています。

小劇場出身で演劇を中心に活動するも遅咲きで、北野武監督の映画『ソナチネ』にオーディションで合格したのが42歳のとき。以後、数々の映画やドラマに出演し多くの賞を受賞しています。

「善良な役から悪役まで、役のふり幅が広すぎる」、「まさにカメレオン俳優って感じ」、「声も渋くてインパクトある」と多くのコメントが寄せられました。

 

■劇団☆新感線の看板役者! 同率2位は古田新太

大杉漣と同率で2位にランクインしたのは、劇団☆新感線の看板俳優で近年は映画やドラマでも大活躍する「古田新太」。

ふてぶてしい見た目のインパクトも強く、どんな役を演じても目立ってしまう個性の持ち主ですよね。

最近では、社会現象となったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で星野源演じる“平匡さん”のゲイの同僚役を演じ、コミカルな演技で存在感を放ちました。

/ この2人が出逢ったシーンめちゃくちゃよかった #成田凌#古田新太 #逃げ恥#actor #model

さ。さん(@narithan_rrr)がシェアした投稿 –

「大きな顔も身体も声も、何もかもが強烈すぎて脇役なんて呼べない」、「キレッキレのダンスの存在感がヤバイ」、「中途半端な役者では太刀打ちできない感じ。迫力ある」といった声が寄せられました。

 

以上、「脇役なのに主役より目立つと思う男性芸能人ランキング」の結果をお伝えしました。あなたが主役より目立つと思う男性芸能人は、ランクインしていたでしょうか?

 

【画像】 Licensed by Getty Images

 

【関連記事】

交際歴5年の私が「結婚する気が全く無かった彼から突然プロポーズ」された驚きの理由【PR】

2週間で男性3人が告白!ある女性が「人生最大のモテ期」を手にした方法とは【PR】

4位深田恭子!男が選ぶ「キスしたい唇の芸能人TOP5」&モテ唇ケア

3位は関根勤の説明ジジイ!「有吉のあだ名」芸人につけた傑作1位は…

ド迫力!3位天海祐希「アクションが上手で驚く美人女優」1位の天然は