Bizlady

後悔しない人生に!20代〜40代…年代別「自分らしい働き方」の見つけ方

社会人として毎日頑張っているみなさん、お疲れさまです。

毎日の時間が過ぎるのは本当に早いもの。気がつけば、全然思っていたように進まない……、もっとこんな風になっているはずだったのに……、そして将来の自分が不安……、と思っている人は意外に多いのかもしれません。

年齢を重ねたり、会社に後輩が入ってきて環境が変わったり、身近な人がキャリアチェンジをしたりすると、自分のキャリアについて立ち止まって考えたくなりますよね。

今回は、年代別に働き女子が“向き合っておきたいこと”をご紹介しましょう。

 

■20代:就活で自分の本当の夢、叶えられましたか?

長く厳しい就職活動を終えて社会人としてスタートしても、「希望の会社に入れなかった」「本当はもっと違うことをしたかった」という悔いが残っていたり、「会社が想像していたのとは違った」「他にやりたいことがみつかった」と方向性が変わったりすることもあるでしょう。

「もう会社に入ってしまったし……」と思うかもしれませんが、20代で気がつけたのは、とてもラッキーなことです。

ぜひ、自分の気持ちに正直に、やりたいことへと突き進んでください。やり直しがきく年代だからこそ思い切って再出発できたり、気持ちを入れかえたりできるのが20代の大きな強みです。何か大きな資格試験をうけたいと思っている方もまだまだ挑戦できる年代ですよね!

筆者は新卒で入った会社を1年で辞め、アルバイトをしながら自分がどうしてもなりたかったアナウンサー試験に再挑戦し、25歳に遅めの再スタートを切りました。決断には勇気がいりましたが、どうしても叶えたい夢は就活では叶えられなかったので、諦めずに挑戦し続け、今は微塵も後悔なしです。

 

■30代:揺れる心……結婚か仕事か出産か

30歳……。社会人としては中堅、プライベートでは結婚という文字がちらつく年頃。

相手がいる場合はこの人でいいのかと迷い、いない場合は早く見つけたいと焦り、既婚者はいつ出産をしたらいいかと考え始める時期ですよね。

婚活、妊活、保活……といろんな活動がさかんな年代です。でも焦りは禁物。まず、自分をしっかり持ちましょう。

30代は仕事に余裕が出てくるからこそ、ワークライフバランスを考える時期です。自分がどんなスタイルで働きたいのか、この会社にずっといるのか、出世を望むのか、結婚をして出産を望むのか、今一度考えてみましょう。

とくに出産にはどうしてもリミットがあります。産みたいと思っている方は、仕事とのバランスも含めて、パートナーと話し合いながらじっくりプランニングしなくてはいけません。

自分がどういう人生を歩んでいくのか、大きな軌道修正をかけたいと思っているなら早めがいいですよね!

 

■40代:なんとなくゴールが見えてくる時期。強みは経験!

気がつけば社会人生活も折り返しに。いろんなことの大体の方向性が見えてきて、落ち着いてくる時期ですよね。でも、まだまだやれることもたくさんあります。40代の強みはなんといっても経験が豊富なこと。若い頃はできなかったことや、トラブルなども、経験が解決してくれます。

40代がさらにキャリアを重ねるには、自分の個性を仕事に取り入れて“色”を出しましょう。それまで積み上げた経験に個性をプラスするんです。

また、社会全体が高齢化ゆえに、今までの40代とこれからの40代は見られ方が大分違います。まだまだ第一線での活躍が望まれる年代になりますので、自信を持って取り組みましょう。

 

以上、年代別に働き女子が“向き合いたいこと”でしたが、いかがでしょうか?

いつの時代もキャリアには悩みがつきものだと思いますが、七転び八起きタイプの筆者は、とりあえずなんでも挑戦あるのみ! 後悔は絶対したくない!と思っています。

もし、何かをするのに“年齢が……もう少し若かったら”と年を気にしているのではあれば、それは大きな間違いです。なぜなら人生の中では今日が一番若いのです。一度しかない人生、思いきって自分色のキャリアを見つけてくださいね!