Itmama

【ウチの子だけ?#1】知らない男性に「パパー!」と叫ぶ息子

source:http://www.shutterstock.com/

1歳になると楽しみなのが、わが子が発する「言葉」ですよね!会話ができるようになると、赤ちゃんのときとは違ったわが子とのふれあいに癒やされます。

この時期は「ブーブー」「ワンワン」など、モノを指して一語文が出てくる時期です。パパとママ、どっちを先に言ってくれるか、は親にとってはドキドキです。

そんなわが家の1歳児の「コレってウチの子だけ!?」コーナー第1回をお送りします。

 

お散歩中に他人を指さし「パパー!」

「ママ」「パパ」「ブーブー」など、一語文が話せるようになった1歳半の息子。ベビーカーで外をお散歩していると、向こうから知らない男性が歩いてきます。

興奮気味に、「パパー!」と指差しして言うではありませんか。

全くの見ず知らずの男性なので、その人も,

見ず知らずの男性「なんだよ、誰だよ……」

と怪訝な顔。

ママは「うわぁ~、知らない人にパパなんて、気まずすぎる〜!」と赤面。

「男」「メガネ」「髪型」「帽子」という共通点があると高確率で「パパ」と叫ぶのです。

ちなみに、今まで笑顔で対応してくれた方は皆無です……。

そんなときは、素知らぬ顔で

筆者「あっ、あっちにパパがいるね!」

なんて、別方向にベビーカーでダッシュです。笑

 

ディズニー映画でも「パパ」を発見

家でお姉ちゃんとディズニー映画を見ていた1歳半の息子。

テレビに向かって、「パパ!パパ!」と叫んでいます。

見ると、王子様が出ているではありませんか!

これにはお姉ちゃんも、

「パパじゃないよ。王子様だよ。」

とツッコミを入れていました。

結局、その映画が終わるまでずっとパパコールは止みませんでした。

 

1語文の背景にあるニュアンスを感じたい

別の人や、キャラクターを指して「パパ」という言葉が出るのはなぜなのでしょうか。

身近にいる大好きな存在だから、ちょっとでも似てるパーツがあると「パパに似てるね」とママに伝えたいのか。“1語文”だけの時期は、ママも想像を巡らせます。

 

それにしても、プリンスを「パパ」と言っても、プリンセスを「ママ」とは言ってくれないのね〜(笑)

どこを見て、「パパ」と認識しているのかは不明ですが、こんなやり取りができるのも今のうちだけですよね。少し大きくなったら、「パパに似てるね」「パパっぽい」なんて会話になるのかしら。

わが子の成長が楽しみです!

 

【画像】

※ noBorders – Brayden Howie / Shutterstock