Itmama

もしわが子が発達障害だったら…保育園の先生に伝える? #31

illustration (C)今井久恵

“子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方”の著者の立石美津子の連載「もしかしてウチの子、障害児?」第31回目。

今日はもしお子さんが発達障害と診断された場合の幼稚園、保育園の先生へのカミングアウトについてにお伝えします。

 

[nextpage title=”「発達障害児」は見た目ではわからない”]

「発達障害児」は見た目ではわからない

source:https://www.shutterstock.com/

例えば……

染色体異常が原因のダウン症児は特徴的な顔をしています。ですからパッと見ただけで「あの子は障害がある」ことが誰の目から見てもわかります。けれども、自閉症などの発達障害児は見た目は“普通の子”に見えます。

ですから、診断を受けた後、黙っていれば“誰にも知られることなく過ごす”ことが出来ます。

反対の言い方をすれば、“黙っていれば誰にも理解されない”ということなのです。

 

障害を伝えると「受け入れ拒否する園」もある

source:https://www.shutterstock.com/

入園前に「うちの子は障害がありますが、こちらの園にお世話になりたいと思っています」と言ってしまうことで、「当園は療育機関ではありませんので、他所へ行ったらどうですか」とはっきりと断られることもあります。

見た目でバレることはないのですから、こうなることが予想されれば障害を隠して入園する方法もあります。けれども、このまま入園すると元々、「あなたのお子さんを歓迎します」の園ではないのですから“厄介者扱い”されます。

こうなると、親子とも居心地の悪い空間で小学校入学まで過ごすことになります。

[nextpage title=”保育園に障害を隠すべき?”]

個性が強い「単なるお行儀の悪い子」として隠すべき?

source:https://www.shutterstock.com/

息子の場合、保育園に入園したあと、他の園児との違いに気づき専門医を訪ねました。その後、診断結果を園側に伝えたほうがいいのかどうか悩みました。

「『自閉症だ』なんて伝えたら、かえって色眼鏡で見られてしまい、伸びるものも伸びなくなってしまうのではないか。周りにも似たような子はたくさんいるじゃあないか。だったら“個性が強いだけ”ということに留めておいて黙っていようか」と思ったりもしました。

でも、伝えなければ「母である私がきちんとしつけをしていない」と責められ、息子も「単なるお行儀の悪い子」として叱られ続けるだろうと思ったので、正直に話すことにしました。

 

 先生へ障害をどうやって理解してもらう?

園の先生は忙しいです。ですから、保護者から“自閉症とは”の書籍をドサッと渡されるのは実に迷惑な話なのです。

でも、私は「一人で5人分くらい手のかかる子どもの取り扱い方について、具体的に伝えておいたほうが、先生がラクになるんじゃないか」と考えました。

そこで、自作カルテを担任に渡しました。

「どんなことを嫌がり、何が好きか」「パニックはどんな状況で起こりやすいか」「どう伝えれば理解するか」の情報は、どんな学術書よりも、医師や臨床心理士よりも、親が持っています。

24 時間年中無休で育ててきているのですから、お母さんが子どもの一番の理解者であり専門家なのです。

 

園の先生も大変な苦労をして子どもを預かることになります。そんなとき先生が少しでもうまく対応ができるように“お願いする姿勢”で家庭で工夫している具体例を伝えるようにしましょう。

 

【画像】

※ mielag、Lordn / Shutterstock