WooRis

高すぎ!? キャリアを変えずに「スマホの月額料金を下げる」方法

総務省の平成27年通信利用動向調査によると、スマホの普及率が53.1%と過半数を超えました。「店員さんに勧められたから」「ガラケーの機種がなくなってきているから」など理由は様々ありますが、よく検討しないまま変えて、高額な利用料金に衝撃を受けた人も多いのでは? 今回はドコモショップの店員さんに、スマホ料金の賢い節約法を教えてもらいました。

スマホの料金を安くする方法として、契約会社を変えるという選択肢もありますよね。ですが、すでに家族ぐるみで使用している場合には、みんなそろって契約を変更しなければならず、実現するのは一苦労。

そこで今の契約会社のまま、料金を下げるためにどのようなコツがあるのか教えていただきました。早速試してみてください!

 

まずはスマホのデータ通信料のプランを見直す

毎月の支払い総額の内訳まで意識して見たことはありますか?

節約のためにチェックしたいのが、データ通信料。スマホのデータ通信料は月額のデータ通信量を何ギガにするかによってギガ数ごとにプランがあります。

なので節約するなら、データ通信料の部分で調整ができそうです。

 

データ量を減らして料金プランを下げるテクニック

データ通信料はギガ数でプランを選ぶので、データ通信量の節約が料金の節約に直結するそうです。かといって、通信量を節約するために動画を見たりインターネットを見る回数を減らすのでは、せっかくのスマホなのにつまらないですよね。

そこで、楽しみはそのままに、データ通信量を減らす方法を教えてもらいました。

(1)Wi-Fi環境を利用する

データ通信量を減らすには、スマホでデータ通信をしないのが一番! 自宅やよく行く先でWi-Fi環境があるという方はぜひ利用しましょう。

「分かってはいたけど、設定が分からなくて今まで利用していなかった」という人や、「Wi-Fiにするとドコモメールが使えなくなる」という方がいるそうです。

Wi-Fiでもドコモメールを使うようにするための設定方法があるので、お近くのドコモショップなどにお問い合わせください。

(2)重い作業はWi-Fi環境でしかやらない!

Wi-Fiが使えるようになったら、次は利用するタイミングでデータ使用量を節約できないかみてみましょう。

この時のポイントは、ずばりデータ使用量が多い作業はWi-Fi環境で行うということです。

データ使用量が多い作業は、動画の再生・写真や動画の送信・アプリの更新などです。その中でも、急ぎではない“写真や動画の送信”と“アプリの更新”の2つは、家にWi-Fi環境があるかたは、外出から戻ってから、あるいは外出先でもWi-Fi環境がある場合のみ行うようにしましょう。

 

 

いかがでしたか。日常生活に欠かせないコミュニケーションツールである以上、やめたくてもやめられないスマホ。なるべく家計を圧迫しないように、賢く低料金で使いたいですよね。

当初プランと現在の使用状況がかいりしている人も多いので、ギガ数の引き下げなど、このタイミングに見直してみてはいかがですか。

(ライター 大津留ぐみ)

 

 

【参考】

 平成27年通信利用動向調査の結果 – 総務省