VenusTap

舌磨きは3位!500名が実感「効果的だと思う口臭対策」解説付き

どんな美女でも口がプーンと臭ったら、台無しですよね。でも自分で口臭対策をしていても、何が効果的かわからないという人もいるのはないでしょうか。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に対して「歯ブラシでの歯磨き以外で、効果的だと実感している口臭対策は?」という独自アンケート調査を実施。

気になる結果を、歯科衛生士の筆者の解説と共にご紹介しましょう。

 

■同率3位:舌磨きをする(72票)

同率3位にランクインした1つめは「舌磨きをする」でした。

本来ピンク色であるはずの舌の上に苔のように積もったものは“舌苔(ぜったい)”と呼ばれ、口臭の原因になるもの。また舌苔は細菌の温床にもなるので、清潔にしておくことで風邪やインフルエンザの予防にもつながります。

しかしゴシゴシと強く舌を磨くことは厳禁。舌が傷付き、かえって口臭を悪化させる可能性もあります。

安全で効果的な“舌磨き”の方法については、『VenusTap』の過去記事「2位タバコよりクサッ!“デートで相手の口臭が気になった瞬間”1位は」を参考にしてみてください。

 

■同率3位:マウスウォッシュをする(72票)

同率3位のもう1つは「マウスウォッシュでうがいをする」。

口臭の原因菌を減らすのに効果的な成分が配合されたマウスウォッシュは、食後に歯磨きができないときに頼りになるもの。「マウスウォッシュでうがいしてから歯磨きすると、スッキリ」、「いつでもどこでも口臭対策できて助かる」との声も。

最近では化粧ポーチに忍ばせておけるような“携帯マウスウォッシュ”も各社から販売されています。デート中や会議前などのビジネスシーンにもおすすめなので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

■2位:デンタルフロスを使う(96票)

2位にランクインしたのは、「デンタルフロスを使う」でした。

口臭の原因にもなる歯垢(プラーク)は、歯磨きだけで落とすことはできません。「口臭対策なら、歯磨きしてからのデンタルフロスが最高」、「スッキリ気持ちよくてやめられない」と多くの票を集めました。

口臭対策だけでなく、虫歯や歯周病予防にも欠かせないデンタルフロス。

「大切なのはわかっているけど難しい」という人や、「すぐ歯肉を傷つけてしまう」という人は、『VenusTap』の過去記事「歯科衛生士は見た!デンタルフロス苦手女子がやりがちなNG行為3つ」を参考にしてみてくださいね。

 

■1位:歯間ブラシを使う(101票)

最も多くの人が効果的だと感じている口臭対策は、「歯間ブラシを使う」ことでした。

口臭や歯周病対策に効果的な歯間ブラシですが、じつは使用時に注意が必要です。

誰もが使えるデンタルフロスと違い、誤った知識で歯間ブラシを使うと歯肉を傷つけてしまったり、歯肉を痩せさせて取り返しがつかなくなったりする可能性も。

自分に合ったサイズで正しく使うことがベストなので、心配な人は歯科医師や歯科衛生士に相談してみるとよいでしょう。

 

以上、「歯ブラシ以外で効果的な口臭対策ランキング」をお伝えしました。

ちなみに、4位は「ガムを嚙む」(59票)、5位には「歯科医院に定期的に通う」(49票)がランクイン。ひと口に“口臭”といってもその原因は人それぞれですが、「口臭が気になる!」という人は、参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

まだ間に合う!2017年のあなたのこれからの運気がわかる!運命線グラフ!【PR】

脱毛するなら芸能人も通ってるココ!9ヶ月0円の脱毛でツルッツルになっちゃおう!【PR】

キモ!キスで冷めた経験ありな女性は7割…3位長いよりドン引くキスは