VenusTap

タラレバ娘こそ!表情変える「ながらフェイシャルヨガ」で理想の女性に

『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)や『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)といったアラサー女性が主人公の人気漫画が次々とドラマ化されてヒットするなど、なにかと注目される“アラサー”女性。

多くの人が学生時代を過ごし社会に出始める20代前半を経て、来るべき仕事や恋愛のターニングポイントに向けて揺れ動く女性が多い年代と言えるだろう。

メーキャップブランド『MAQuillAGE(マキアージュ)』を展開する資生堂が行った「アラサー女性の今に関する意識調査」でも、20代前半とアラサーになってからの“女性の理想像”がガラッと変化したことが明らかに。

今回はその調査結果と、アラサー女性が“自分が目指す理想像”に近づくためのアドバイスを紹介しよう。

 

■アラサーの理想像は“洗練されていてがんばりすぎない人”!

全国25~34歳の働く女性500名を対象に「20代前半と現在で、自分が考える”理想の女性像”に変化があるか」と質問したところ、全体の55%が「ある」と回答。

「実際にどんな変化があったか」を調査したところ、20代前半の頃に目指していたイメージの1位が「キュート(かわいらしい)」だったのに対し、現在の1位は「シック(上品で洗練されている)」(42%)、2位が「エフォートレス(がんばりすぎない)」(39%)という結果に。

vt0302-1

理想の女性像を聞かれたコメントでは、「作り込みすぎず、上品さと自然体のどちらも感じられる女性」(26歳)、「年齢を重ねても若作りをし過ぎず、自然な美しさがある人」(33歳)という声が上がっていた。

上品で洗練されているけれども、がんばりすぎていない“エフォートレス・シック”こそが、アラサー女性たちの理想像と言えるのかもしれない。

 

■「表情」がその人の雰囲気を作り出す!

だが、仕事でもプライベートでもバタバタと忙しく、「理想は理想だしね」と“理想の女性像”でいることを諦めかけている人は少なくないだろう。実際に、疲れた雰囲気を漂わせているアラサー女性を見かけることも多いはず。

すぐに“理想の女性”になることは難しくても、せめて疲れて見えない、美しい表情の女性になるにはどうすればいいのだろうか。

ヨガを教えながら多くの女性に接しているヨガインストラクターの吉田尚子さんに聞いてみた。

「職業柄、様々な人に出会う機会も多いのですが、最近は表情の変化が少なく、上手に笑えないという人が増えているような気がしています」と吉田さん。

表情は、その人が醸し出す雰囲気を作り出す要素の1つ。

吉田さん曰く、「輝く表情とは内面から作り出されるもので、それが表へと滲み出ていくことでその人自身を輝かせることができます」とのこと。吉田さんは、ヨガで身体と心、表情を柔軟にすることで日常でハプニングが起きても、心の余裕を持てるようになったそうだ。

 

■“ながら”フェイシャルヨガで表情豊かな女性へ

そんな吉田さんが「表情を意識して変化させていくのに効果的」と勧めるのが、フェイシャルヨガ。直接表情筋にアプローチできるため、顔の変化が感じられやすいそう。

「私自身、実際に“なんか顔が変わったね!”と周りに言われることが増えました。自分の表情に自信が持てるようにもなったんです」とのこと。

そこで吉田さんに、お風呂に入りながら、髪を乾かしながら、テレビを見ながらでもできる、“ながら”フェイシャルヨガポーズを教えてもらった。

(1)視線を斜め45度上に上げる

(2)上の歯が見えるようににっこり笑う

(3)ペコちゃんのように片側から上方に向かって舌を出す

(4)次に、その舌を下方を通らせながら反対側へ移動し同じように上方に向かい舌を出す(3→4を繰り返します)

「このポーズのポイントはしっかりと口角を引き上げたままキープさせること」と、吉田さん。

口角挙筋が刺激され、キレイな笑顔を作れるようになるのだそう! 1日1回でも何かをし“ながら”実践してみてはどうだろうか。

 

「顔の表情が変わると、自然と内面もどんどん変わっていくもの。それくらい表情、笑顔って大切なんですよね」と、吉田さん。

実際、アラサーの筆者が「素敵だなぁ」と感じる女性は、いつも自然な笑顔の人が多い。フェイシャルヨガで表情豊かな女性を目指し、一歩でも“理想の女性像”に近づこう。

 

【関連記事】

交際歴5年の私が「結婚する気が全く無かった彼から突然プロポーズ」された驚きの理由【PR】

2週間で男性3人が告白!ある女性が「人生最大のモテ期」を手にした方法とは【PR】

※ 外見を磨くより確実!元カレと復縁したいなら絶対磨くべき内面4つ

※ たった48秒でハリ!老け顔の原因「まぶたのたるみ」に効く表情筋エクサ

※ 大島美幸の例も!美人だけじゃない「金持ちに選ばれる女」3タイプ

 

【参考】

~働くアラサー女性の”今”を調査~ – 資生堂

 

【取材協力】

※ 吉田尚子・・・『Silky yoga』所属のヨガインストラクター/フェイシャルヨガインストラクター。2015年に単身ハワイへ渡米し、全米ヨガアライアンスRYT200を修得、2017年には高津文美子式フェイシャルヨガ認定インストラクター修得。鳥取県を拠点に、自然と共に、人や地域、社会の≪笑顔の連鎖と循環≫をテーマに活動中。ブログでは日々のヨガクラスやイベント情報、活動内容について日々更新中。