E・レシピ

子どもと一緒に作れる! シャキシャキ感がクセになる、レンコンの水餃子

「ぼくも(わたしも)一緒に包む!」「お手伝いしたい!」餃子を作る準備を始めると、子どものそんな声が聞えてきませんか? 子どもにお手伝いしてもらうなら、水餃子がおすすめです。焼き餃子と比べると水餃子は包み方もそんなに気にならないし、油も使わないので安心です。

今回はシャキシャキとした食感に思わずお箸が止まらなくなる、レンコン入り水餃子のレシピをご紹介します。

お子さまと肩を並べて楽しく包みながら、料理のいろはや、食材の話をすれば、一緒に食育の授業にもなっちゃいますよ。

■レンコンの水餃子

調理時間 15分 1人分 210 Kcal

レシピ制作: 家庭料理研究家 近藤 瞳

<材料 2人分>
豚ひき肉 60g
レンコン 5cm
白ネギ 5cm

 ショウガ(すりおろし) 小さじ1/2
 砂糖 小さじ1/2
 しょうゆ 小さじ1/2
 オイスターソース 小さじ1/2
 ゴマ油 小さじ1/2
 塩コショウ 少々
餃子の皮 12枚

 しょうゆ 小さじ1
 柑橘汁 小さじ1~1.5

<作り方>
1、レンコンは皮をむき、半量をすりおろして、残りはみじん切りにする。白ネギはみじん切りにする。

2、ボウルに豚ひき肉、(1)、<調味料>の材料を全て入れて、粘りが出るまで混ぜる。餃子の皮にのせる。餃子の皮の縁に水を薄くつけて包む。

3、鍋にたっぷりの熱湯を沸かして、(2)をゆでる。餃子が浮いてきたら、そこから2~3分加熱して、網じゃくしで引き上げる。<つけダレ>の材料を混ぜ合わせて、添える。

つけダレの材料にある「柑橘汁」ですが、すだちやライム、レモンなどはもちろん、ポン酢1本でも代用できますよ。

お子さまが酸味が苦手なようなら、しょうゆにごま油を少し垂らしてみたりと、いろいろアレンジしてみてくださいね。

(KMmama)