VenusTap

誰得?3位村主章枝より…「ヌードにならなくてもよかった芸能人」1位は

155万部。これは、当時18歳で人気絶頂期だった宮沢りえのヌード写真集『サンタフェ』(朝日出版社)の売上部数である。あれから26年、いまだ芸能人写真集の部数では、この記録は破られていないというから驚きだ。

美人女優や有名タレントがヌードになれば必ず話題になるが、とはいえ全てのヌードが大歓迎! というわけでもないのが事実……。

そこで今回は、『VenusTap』が男女500名を対象に「別にヌードにならなくても良かったのに……と思う女性芸能人は?」というアンケート調査を実施。

気になる調査結果を参考に、脱ぎ損(?)な女性芸能人を探っていこう。

 

■巨乳じゃなくて強乳! 1位は、まるでアイコラ「ジャガー横田」

<ヌードにならなくても良かったのに……と思う女性芸能人ランキング>

1位・・・ジャガー横田(12.2%)

2位・・・デヴィ夫人(11.0%)

3位・・・村主章枝(9.2%)

4位・・・吉高由里子(8.8%)

5位・・・菅野美穂(7.4%)

堂々の1位に輝いたのは、1998年の人気絶頂期にヌード写真集『薔薇』(コンパス)を出版した、元プロレスラーでタレントの「ジャガー横田」。

「えーと、どうしてこうなった……?」、「そもそもファン層が謎」、「顔が完全にメンズ。アイコラを見てるみたい」などと、失礼極まりないコメントが続出した。

気になる『薔薇』の詳細だが、現在は某通販サイトで中古価格9,100円~販売されている。レビューには、「ああ、貴方の乳房には、はにかんだ仕草よりも力こぶしがよく似合う。“強乳”という言葉以外に考えられません」、「薔薇と表現すべき美しさ」と、熱~いファンコールも目立っていた。

気になる人は、ぜひ購入してみてはいかがだろうか……?

 

■怖いもの見たさでチラリ! 仕事選ばなすぎでは「デヴィ夫人」

続いて2位にランクインしたのは、1974年に雑誌『GORO』(小学館)の創刊号にてヌードを披露したタレント「デヴィ夫人」。

「仕事断りませんね~! お金に困ってた?」、「熟女の、しかも夫人のヌード……どこに需要があるのだろうか」、「怖いもの見たさで見たら、無駄に巨乳で驚き」と、驚愕の声が相次いだ。

また、1993年にはヌード写真集『デヴィ夫人-madame-D秀雅-』(スコラ)を出版。こちらも某通販サイトにて中古で販売されているが、最安値はなんと……70円!

「あなた、罰当たりね!」と怒られそうなものである。

 

■早くもプチ炎上中! 安売りに漂う迷走感「村主章枝」

3位には、先月2月15日にヌード写真集『月光』(講談社)を出版した、プロフィギュアスケーターでコリオグラファー(振付師)の「村主章枝」。

TOKYO, JAPAN - JULY 06: Figure skater Fumie Suguri attends the Links London Official Jewelery Collection of London 2012 reception on July 6, 2012 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

「安売りしないでほしかった」、「正直、服を着てたほうがキレイだと思う……」、「迷走しはじめた感が否めない。もしかして次はセクシー女優の道へ行くのか」と、悲痛な声が数多く上げられた。

発売前から重版が決まるなど大きな話題を呼んでいた『月光』だが、いざ発売されると、某通販サイトのレビューは「絶対買ったら後悔します」、「フィギュアもヌードも中途半端」と酷評の嵐に!

初のフルヌード写真集ということでファンが期待して購入したものの、ほとんどのカットが“布”で隠されており、「全然脱いでない!」とプチ炎上に繋がったようだ。

 

いかがだっただろうか? 宮沢りえの偉大さを感じるとともに、この先155万部を超えるヌード写真集が現れることを期待するばかりである。

 

【画像】 Licensed by Getty Images

 

【関連記事】

鼻血でそ!2位斎藤工「ananヌードをもう一度見たい男性芸能人」1位は

3位神田うのより!「マタニティフォトが微妙…だった芸能人」1位は

今夜にでも!2位浅野忠信「胸毛あるけど抱かれたい芸能人」1位俳優は

宴会に来て~!2位トレエン「余興で盛り上げてほしい有名人」断トツは

3位大島優子…今期ドラマで「なぜメインキャスト?」と思う女優1位は