E・レシピ

春に食べたくなる、このほろ苦さ! ジャガイモと菜の花の炒め物

ひと足早い春の訪れを知らせてくれる野菜といえば、菜の花ですね。蕾のときだけをいただく期間限定の贅沢さと、独特のほろ苦さが魅力の花野菜。

大人になるにつれ、春先にはこのほんのりした苦みが恋しくなり、いまでは新鮮なものを見つければ迷わず買ってしまいます。

独特の味わいに加えて、カリウムや鉄分などのミネラル、ビタミンCを多く含んでいるのも、女性には嬉しいところ。

同じく出回り始めた新ジャガとともに、ショウガ味でさっぱりと炒めるこのレシピなら、春の恵みをシンプルに、贅沢に味わえます。

味付けはあくまで控えめに、素材本来の持ち味を楽しみましょう。

■ジャガイモと菜の花の炒め物

調理時間 15分 1人分 152Kcal

レシピ制作:家庭料理研究家 近藤瞳

<材料 2人分> 
新ジャガイモ 2個
菜の花 8本
ショウガ(細切り) 1/2片分
薄口しょうゆ 小さじ1.5
酒 小さじ1
サラダ油 適量
塩コショウ 少々

<下準備>
・新ジャガイモは皮をむいて、半月またはイチョウ切りにして水にさらす。

・菜の花は根元を切り落として水に浸けてシャキッとさせる。3等分に切り、根元と葉を分ける。

<作り方>
1、フライパンにサラダ油を中火で熱し、ジャガイモ、菜の花の根元、ショウガを加えて炒める。

2、ジャガイモが透き通ったら、菜の花の葉、薄口しょうゆ、酒を加えて炒め合わせる。塩コショウを振って味を調える。

このレシピのように、素材本来の味を引き出したいときは、薄口しょうゆがおすすめですよ。
(フジノアサコ)