Itmama

「食べ過ぎじゃない?また太るよ」パパが放つ、ママの怒り爆発発言5つ

source:https://www.shutterstock.com/

育児に奮闘していいるママの隣で、夫の理解不能な発言にイラッ……。

そんな経験ありませんか? 「私が慣れない育児でイライラしてるだけなの?」と、自分がおかしいのか考えてしまいますが、きっとどのご家庭のママも同じように感じているはずです。

今日は“夫のNG発言あるある”や、ママのとるべき対応についてお伝えします。

[nextpage title=”「俺だって仕事でストレス溜まってるんだから分かってくれ」…イラッ!”]

なぜ今ソレを!? パパが言い放ったママの怒り爆発ワード5選

皆さんの夫はこんなこと言ってきませんか? 筆者が世の中のママ達の叫びを代弁しちゃいます!

source:https://www.shutterstock.com/

(1)「食べ過ぎじゃない? また太るよ」 

授乳してたら異常にお腹すくんだよ……。しかも「また」って一言が余計!

 

(2)「そんなに辛いなら、ウチの母親暇してるんだし手伝ってもらったら?」

義理母に頼む方が神経使って疲れるんだよ、だからあなたに頼んでるのッ!

 

(3)「俺だって仕事でストレス溜まってるんだから分かってくれ」

仕事のストレスと育児のストレス比べるの? あなたは昼休みもあるし、コーヒーを飲む時間もあるわよね? こっちは夜泣きも対応して24時間営業ですけどッ!

 

(4)「1日家にいるんだから洗い物くらいできるでしょ」

いえ、できません。キッチンに立つと、どれくらいギャン泣きされるか分からないでしょうね? 拭いても拭いても汚れる床を綺麗にするだけで精一杯ですけど……。

 

(5)「〇〇ちゃんは、ママよりパパの方が好きだもんね~」

土日しか会わなくて、自分の方が好かれていると思えるって逆にすごい。子どもが機嫌良い時だけ遊んで、泣いたら私のところに連れてきて、1人じゃ何もできないのに……。

 

男の人ってなんて無神経なんだろうと皆さん1度は思ったことがあるはずです。もちろん産後すぐって女性ホルモンが激減しているから、精神的に不安定というのもありますけど。

でもそういうことも、きちんと把握してもらいたいものですよね。

自治体でやっている両親学級などで、生まれてくる赤ちゃんについては詳しく教えてくれますが、もう少し

「ママには産後絶対に逆らっちゃダメ! 理不尽なことも受け流して」

「赤ちゃんが0歳なら、ママも0歳。母親が最初から完璧に全てをこなせるなんて思わないで」

など、パパ相手にレクチャーしてくれたら、世のママはすごく救われる気がします。

 

無駄に怒って疲れたくない!NG発言を聞いた時のスマートな返し

ただでさえ、慣れない育児で毎日が戦いのような環境なのに、夫のNG発言にまでイライラして言い返していたら、身も心も限界になるはずです。

無駄に怒って疲れるより、さらりとスマートに返すにはどうしたら良いでしょうか?

まずは「も~」「だから」「信じられない」という感情的な言葉は控えたほうが、筆者はいいのではと考えます。

夫のNG発言の後には、少し間をあけて、「私も仕事だけして、たまにオムツ替える程度なら人生変わるだろうな」「家事も育児も中途半端。できない妻でごめんね~」など、サラリと笑顔で返せたら良いですね!

長々と言い返していたら、男性側もふつふつ怒りが込み上げてくるでしょうし、余計なケンカに発展してしまいそう。言葉は“短く、端的に”がおすすめです。

 

いかがでしたか?

夫の無神経なNG発言には本当に驚かされますが、きっとパパは深く考えていないのでしょう。本人たちは何も悪気はないのです。

目くじらたてて怒っていると自分も疲れるし、子どもにも良い影響を与えないので、サラリとスマートに受け流せたらいいですね。

 

【画像】

※ Iakov Filimonov , ArtFamily  / shutterstock

【著者略歴】

※ Yuno・・・ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。2016年秋からは認可外保育園で、アーユルヴェーダ食の献立を提供したり、おむつなし育児のサポートをし、子どもたちが自然に、また健康に育つための活動をしている。