Menjoy!

幸福度に大きく影響!「結婚前に解決しておくべき」お金の問題3つ

とにかく、お金ってシビアです。どんなに仲が良い間柄でも、お金の貸し借りが絡むと関係がこじれてしまうことがあるし、それは男女でも同じこと。そこで、結婚してから手遅れにならないよう、海外情報サイト『Women’s Health』に掲載された記事を参考に、“結婚前に解決しておくべきお金の問題3つ”をお届けします!

1:借金をどうするか決めておく

最近は奨学金を貰って大学に進学して、卒業後も金利が上乗せされた学費の返済に追われる人が増えてきました。

それなのに、ひと昔前のように定年まで同じ会社に勤めることが少なくなり、なかなか給料もアップせず、若者の間で貧困層が広がっているとも言われています。

そんな借金を抱えた状態で結婚したら、後々大変ですよね?

なかには、お互いの経済状態を明白にしないまま結婚して、「後で知ってビックリ!」なんてカップルも少なくありません。

彼と結婚の話が出たら、お互いにいくら借金があるのか把握して、二人の給料でどれぐらいのペースで返していけば完済出来るのか計算しておきましょう。

結婚って本当にお金が掛かります

地味婚やスマ婚をしても、新居に引っ越して家具を揃えるのにも札束が飛んでいくし、子供を持とうと思ったら、それこそ想像以上の出費がかさむものです。

結婚は、「お金がなければ何も始まらない」と言っても過言ではないぐらい、経済状況がカップルの幸福度に影響します。

お金に困るとケンカが増えてストレスもたまるしで、いいことなどありません。

なので、結婚前に借金や貯金がいくらあるのかなど、きちんと話し合っておきましょう。

 

2:子供を持ったら仕事を辞めるのか!?

ひと昔前は、結婚したら女性が家庭に入るのが当たり前でしたが、最近はそんなことはありません。

子供を持って、夫の給料だけで生活が出来ると分かっていても、働きに出たい女性だっていますよね。

そんな場合は、保育園に子供を預けられるのかどうか、地域の保育園事情や金額を調べておく必要があります。

お金だけの問題であれば、専業主婦の方が良いケースも

パートなどで働きに出ても保育園代の方が高ければ、しばらくは専業主婦でいた方が経済的に楽なケースもあるでしょう。

男女共に、結婚に関しては何かと「結婚すれば何とかなる!」と思いがちですが、ことお金に関しては何ともならないのが現実です。

 

3:クレジットカード類の使い方

銀行残高が足りなくても物が買えてしまうクレジットカードは、経済感覚が乏しい人が持ったら危険なアイテムです。

お互いのカードの使用状況や、一体何枚持っているのかなども結婚前にきちんと把握しておきましょう。

カードの名義が本人だけだと、知らない間にパートナーが使い込んで、二人の借金が膨れ上がってしまう可能性だって考えられます。

1の借金の話に戻りますが、クレジットカードもいくら返済分が残っているのか、お互いに明白にしておきましょう。

 

いかがでしたか!?

お金はあって困る物ではないけれど、なかったら必ずといっていいほどトラブルの原因になります。

計画的に借金を返済したり、少しずつでも良いので毎月貯金をしたり、パートナーと二人三脚で管理していってくださいね!

 

 

【参考】

7 Women Share The Money Issues They Wish They Worked Out Before They Got Married – Women’s Health