Menjoy!

アレ待ちだから…彼が「プロポーズに踏み切らない」意外な理由3つ

オーネットが行った『憧れのプロポーズに関する意識調査』によれば、男性がプロポーズをためらう理由の第1位は「お相手から断られるのが怖い」という結果でした。しかし、男性がプロポーズに踏み切らない理由はそれだけではありません。人それぞれ事情があるように、男性たちは様々な理由で“待機状態”にあるというんです。

1:そろそろ転勤になりそうだから

「今年の春に異動がありそうなんですよね。しかも、それが地方の支社に行かされるという噂で……」(Aくん、27歳/建築)

入社後4年~5年目になると転居を伴う異動があり、場合によっては遠くの地域へ飛ばされてしまうというAくんの会社。春からどこに行くのかわからない状態では、彼女にプロポーズする気になれないのだとか。

辞令が出るのを待っている

「結婚を考えている彼女がいるんですが、もし大阪勤務になると遠距離恋愛になるんですよ。それをきっかけにしてプロポーズするか、東京に帰ってくるまで待ってもらうか……悩ましいところです」(Aくん)

もし転勤になったならば、Aくんカップルは遠距離恋愛です。結婚を申し込んでも、結局は別居生活になりますし、かと言って、プロポーズしないと破局が待っていそうで、悩ましいのだとAくんは言います。

彼の職場が転勤の多い会社である場合、彼がプロポーズしてくれないのは、転勤が原因かもしれません。

心当たりがある人は、彼にそれとなく異動の時期と、場所について訊ねてみましょう。彼のほうから「実は……」と悩みを打ち明けてくれるかもしれませんよ。

 

2:お金を貯めている最中

「もう結婚する気です。でも、お金を貯めてるんですよ。だからプロポーズはしないんです」(Bくん、26歳/会社員)

付き合って3年になる彼女がいるBくん。心の中では彼女にプロポーズしようと決めているそうですが、婚約指輪や結婚資金を貯めている最中なので、まだプロポーズしていないのだそう。

給料三ヵ月分は簡単には貯まらない

「よく結婚指輪は給料の三ヵ月分って言うじゃないですか? 給料三ヵ月分って簡単には貯まりませんよ。プロポーズしたら、すぐに“じゃぁ、貯金はいくらあるの?”って話になるでしょうし。ある程度の貯金ができないと、プロポーズはできませんね」(Bくん)

今すぐプロポーズをしても良いけれど、“その後に必要となる貯金がない”というBくん。日々節約に励んでいるのだとか。男性が実家暮らしならばともかく、一人暮らしをしてるのであれば、出費も多いのでなかなか貯金はできません。

心の中では「結婚したい!」と思っていても、結婚資金がなければ、男性はプロポーズになかなか踏み切れないのです。

もしかしたら彼も裏でコツコツと資金を貯めている最中かもしれません。焦らずに待っていると、そのうちプロポーズしてくれる可能性は十分にあり得ます。

 

3:タイミングを待っている

「プロポーズのタイミングを待っているんです。だって、何でもない普通の日にプロポーズするのって、面白くないじゃないですか?」(Cくん、28歳/会社員)

気持ちもお金も準備万端、あとはタイミングを待っているというCくん。普通の日にプロポーズするのは、ロマンチックじゃないので記念日が来るのを待っているのだとか。

半年後に“3年記念日”が!

「半年後に、3年記念日があるんですよ。狙うとすればそこですね」(Cくん)

ロマンチックな考えを持つ男性は少なくありませんから、プロポーズには“普通の日”ではなく、二人の記念日など“特別な日”を狙うという人も少なくありません。

Cくんのように、何かの記念日にかこつけてプロポーズを狙っている男性は、その“Xデー”が来るまで「結婚しよう」とは言ってくれないんです。

そろそろプロポーズがあっても良い頃なのに、彼が行動を起こしてくれない……という人は、次の記念日まで待ってみましょう。そこで彼が盛大なプロポーズをしてくれる可能性は少なくありません。

 

いかがでしたか?

彼があなたにプロポーズしてくれない理由は、“あなたと結婚したくないから”ではなく、現実的な諸問題が原因なのかもしれません。

気長に待てば、そのうち「結婚しよう!」と言ってもらえるかもしれませんよ。彼のことを信じて、その日を待ちましょう。