Bizlady

どうしたら距離が縮まる?シーン別「気になる彼との接近」テク

気になる人がいる、でもどうやって近づいたらいいかわからない……。

そんな悩みを抱えている方は結構いるのではないでしょうか。

気になる人がいたとしても、定期的に顔を合わせる機会がないと、親しくなることはなかなかできないものです。でもたとえ職場等で毎日顔を合わせたとしても、二人っきりで話すチャンスが巡ってくることも稀でしょう。

どうしたら親しくなれるんだろう……というもどかしい気持ちに対処するためにも、気になる彼と距離を近づけるための、シーン別接近方法をご紹介します。

 

■シーン1:相手が会社の顔見知り程度だった場合

社会で働いている方の中には、同じ職場に気になる人がいるという方は多いでしょう。

飲み会の席で意気投合する場合もあれば、同じプロジェクトを遂行する上で、徐々に好きになるケースもあるものです。

でも中には部署も違えば、働いているフロアも違うのに、一目惚れをしてしまった……とか、一度も話したこともないのに、すれ違うだけでドキドキする……というケースもあるはずです。

全然接点を持っていないのに、どうやったら親しくなれるんだろう……というときにお勧めしたいのは、目が合ったときに少し笑ってみたり、会釈してみる方法です。

もちろん、笑ったり会釈をするだけですぐに親しくなれるというわけではないですが、少し微笑みかけるだけで相手に自分の好意が伝わりますし、相手があなたのことを意識するきっかけづくりができます。

大事なのは相手に自分の好意を伝えること、そして相手に自分の存在を意識してもらうことです。社内ですれ違ったときやエレベーターで一緒になったときなど、ぜひ意識して会釈や軽い挨拶を交わしてみてはいかがでしょうか。

 

■シーン2:合コンで出会った場合

友人に誘われて何気なく行った合コンで、自分のタイプの人に出会うという場合があります。

不思議なもので、何も期待せずに行ったときの方が、恋のチャンスにめぐり合うもの。

合コンで出会った男性とは、自然な流れで連絡先を交換するということになるでしょう。問題は、その後どんなやりとりをするかということになりますよね。

気になる彼に振り向いてもらうには、どんなメッセージが効果的なのか。BizLadyの過去記事「送信前にチェック!“気になる彼に効果テキメン”恋愛成就LINE3つ」をまとめてみました。

(1) 彼の“守ってあげたい本能”をくすぐるLINEを送る

(2)“居心地の良さ”を感じてもらうLINEを送る

(3)彼の“リスペクトされた願望”を満たしてあげるLINEを送る

上で挙げた3つは、どれも男性心理をくすぐるものです。彼にちょっとしたお願いや相談事をすることで、彼の“守ってあげたい本能”をくすぐることができます。

また、人は“居心地良さ”を感じることで、相手に好意的な感情を抱きやすいと言われることから、相手を労わる内容のメッセージを送ってみるのもいいかもしれません。

男性の“リスペクトされたい”という願望を満たすためには、彼のいいところをさりげなく褒めてあげてみてくださいね。

 

■シーン3:もともとの友達である場合

昔からの友達だけど、いつしか恋愛感情に変わっていた……なんていうこともあるでしょう。

お互い“友達”としてこれまで付き合ってきたこともあり、なかなかそこから男女の関係へと発展させることは意外と難しいことなのかもしれません。

でも、気軽に連絡を取れる友達だからこそ、新しい関係へと発展させるきっかけづくりは可能です。

まずは連絡を取り、ご飯やお茶に誘ってみましょう。もしそのときに「じゃあみんなで集まろうか!」と他の友人を誘うような流れになってしまったら、「じつは相談があって、できれば二人で会いたいんだ……」と、二人だけで会うように働きかけることが大切です。

あとは思いっきりおしゃれやメイクを頑張って、彼をドキッとさせてみましょう。これまであなたのことを“友達”として見ていた彼も、女性らしいあなたの姿を見て、急にドギマギしてくれるかもしれません。

 

以上、気になる彼に近づくためのシーン別接近方法でしたが、いかがでしょうか?

気になる彼に近づくために、ぜひ参考にしてみてくださいね。