美レンジャー

男って罰当たり!2位水原希子「美人でもそそられない芸能人」1位は

「女の可愛いは、あてにならない」、「男と女の可愛いは別だから!」巷で有名なこのセリフ、みなさんも周りの男性陣から聞いたことがあるのでは?

となれば、女性から見たら「キレイ枠間違いナシ!」と感じる“美人芸能人たち”が、どれくらい男ウケがいいのか気になるところ。

そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代の男性500名を対象に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」というアンケートを実施しました。

気になる調査結果を参考に、謎すぎる(?)男心を探っていきましょう!

 

■空前絶後の美人なのに…「なぜか男がそそられない女性」No.1は?

男性500名に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」と聞いたところ、3位までは以下のような結果に。

10位・・・紗栄子(3.8%)

9位・・・河北麻友子(4.0%)

8位・・・木村カエラ(4.6%)

7位・・・梨花(4.8%)

6位・・・杏(5.2%)

5位・・・森泉(6.2%)

4位・・・道端ジェシカ(6.6%)

3位・・・ダレノガレ明美(8.0%)

8位の木村カエラ、6位の杏、5位の森泉については「キレイだと思う程度で、色気を感じない」というネットの声が目立ちました。

4位の道端ジェシカや3位のダレノガレ明美に関しては、ネットでは「美人だけど、お高くまとってそうで苦手」、「常に男を値踏みしているイメージ。ダレノガレが好きという友人がいたら、ドMだと思う」と、手厳しい声も見られました……。

 

■2位:口元がナシ!? 男って罰当たり…水原希子(9.0%)

2位にランクインしたのは、先日グラミー賞歌手であるR&Bシンガーのザ・ウィークエンドとMVで共演し、話題を呼んでいるモデルで女優の水原希子。

筆者が周りの男性陣に取材したところ、「細すぎて不安になってくる」「水原希子の口紅のCMを見て彼女がその商品を買ってたけれど……、自分としては口元のこんもり感がナシだなって思う」と、冷ややかなコメントも。

イメージコンサルタントである筆者は、水原希子のアノ透明感が羨ましくて仕方がないのですが(生まれ持ったパーソナルカラーがなせる業)……男性って本当、罰当たりですよね!

 

■1位:だってガチ悪女!?…菜々緒(10.0%)

堂々の1位に輝いたのは、ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)で悪女弁護士を熱演中の女優・菜々緒。

「悪女役が多すぎて、ガチの悪女にしか見えなくなってしまった」、「観賞用……。体型とか現実離れしすぎていてそそられない」、「役のせいか、一言一言がキツそう。TMの西川さんは尊敬に値する」といった声まで飛び出しました。

ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)で、高身長で端正な顔立ちを生かした、整形美女のシリアルキラー(連続殺人鬼)役が超ドハマリし、すっかり悪女キャラが板についてしまった菜々緒。

過去に出演した『王様のブランチ』(TBS系)では、「悪女役にハマりすぎて、普通に挨拶しただけで“いい人”って言われます」と、役得(?)なエピソードを明かす場面も。ギャップモテなら、男性ウケも狙えそうですね!

 

■これぞモテ子の秘訣!高嶺の花よりも「嫁にしたい」親近感を狙え

前述のアンケート結果を見て、「美人でもそそられないなんて……男って、顔じゃないの!?」と疑問に感じずにはいられませんよね。

そこで筆者の周りの男性陣(Sさん・Kさん)に、恋愛対象として見てしまう女性について追加調査を開始!

(1)ムスッと美人よりも、愛嬌のある万人顔

「いくら美人でも、ムスッとしていたら、男は居心地が悪く感じてしまうもの。それよりも、特別美人じゃなくとも、いつもニコニコ愛嬌があって、優しく包んでくれる女性を求めてしまう」と、Sさん。

(2)顔より色気より…チェックポイントは“家庭的であるか“

Kさんは、「“あぁ美人だったらな”、“もっと色気があったらな~”とぼやいている女性に遭遇しますが、そこじゃない!と声を大にして言いたい。遊びの女性なら顔や色気はあればあるほど嬉しいけれど、本命=嫁候補として考えたときに、最も重視すべきは家庭的であること」と、語ります。

 

美人で悪女な菜々緒よりも、家庭的な安めぐみ、これが世の男性陣のホンネなのかもしれません。