VenusTap

もう限界!3位時間にルーズ「新生活を機に恋人と別れた原因」1位は…

いよいよ新年度が始まります。この春から大学生や新社会人になる、転職する、部署異動があるなど、新たなスタートを切る女性も少なくないでしょう。

中には恋人と遠距離になるなど、今までと環境が変わることに「大丈夫かな……」と2人の関係を心配している人もいるのでは?

そこで今回は、ブライダルジュエリー専門店・銀座ダイヤモンドシライシが行った「新生活&プロポーズに関する意識調査」の“新生活をきっかけに恋人と別れる原因になったことランキング”をご紹介、あわせて“新生活でも愛が冷めないコツ”もお伝えします。

 

■入学、就職、引っ越しなど、新生活で恋人と別れる原因ワースト3

上述の調査では、全国の20歳~39歳の既婚・未婚の男女500名に、「入学・就職、引っ越しなど環境変化がある新生活のタイミングで恋人と別れた原因」を聞いたあるあるランキングを発表。結果は以下の通りでした。

・ワースト3・・・時間にルーズ(25.7%)

新生活がスタートしてお互いに忙しく気軽に会えなくなると、2人の時間が今までよりも貴重に。そんなときにデートの時間に相手が遅れることが続くと、嫌気がさしてしまいますよね。自分がルーズな場合も同様でしょう。

・ワースト2・・・お金にルーズ(30.0%)

また、お金のルーズさも問題に。特に新社会人になった場合は、給料をもらうようになっても、恋人が学生時代のようにお金に無頓着でルーズな使い方をしているままでは、「この人、大丈夫かな?」と不安な気持ちになってしまうのかもしれません。

・ワースト1・・・自己中心的(33.2%)

新生活で生活パターンや時間のリズムが変わった場合、どちらかが自分の都合ばかり優先して自己中心的に振る舞っていれば、2人の関係にはズレが生じてしまうはず。結果、すれ違いが多くなり別れてしまうのかもしれませんね。

過去に別れたダメエピソードとしては、「仕事が忙しくてなかなか会えない」、「働かない男でデート代は私持ちだった」、「精神的に自立できていない」などの声が上がっていました。

 

■新生活でも恋人との関係を続けるコツは?

新生活が始まると、慣れるまでは自分のことで精一杯で、物理的にも精神的にも恋人のことを気にかける余裕がなくなってしまうもの。

ではそんな状況で、恋人との関係をうまく続けられるにはどうすればよいのでしょうか?

そのヒントが『VenusTap』の過去記事「前田敦子はスレ違い破局?会えなくても愛が冷めない“5分ルール”とは」で語られています。恋愛カウンセラー・相川葵さんによると、恋人との関係をラブラブに保つには、“5分ルール”を心がけるといいのだとか。

それは、どんな忙しい時期でも、1日5分だけは全力で恋人に向き合う時間を作ってみること。例えば、1日5分だけは彼と必ず電話する、メールをする時間を作るなど。

5分という短い時間でも毎日欠かさず時間を作ることで、連絡が途絶えることを回避できます。またお互いに忙しい中でも、1日5分であれば、移動中や帰り道などちょっとした時間を利用できるので負担がかかりません。

もちろん余裕があるときには、2人の時間をたっぷりと確保して、相手をより理解するために新生活でお互いが抱えている気持ちを話し合えるといいですね。

 

いかがでしたか? 恋人がいてこれから新生活がスタートする人は、お互いに5分でも全力で向き合う時間を作るルールを相手に提案してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

キュン死!2位髪をほどく「男が職場でドキッとする女性の仕草」1位は

2位は深田恭子!新生活を迎える男女が選ぶ「理想の女性上司」1位は…

選びすぎ!? 30オーバー独女の「私が結婚できない理由」ランキング

謙虚すぎ!4位借金しない「今ドキ独女が結婚相手に望む条件」1位は…

 

【参考】

新生活&プロポーズに関する意識調査 – 銀座ダイヤモンドシライシ