VenusTap

悲劇…年をとるほど悪化!?「仲良し夫婦」でいられなくなるNG会話3つ

時代とともに、結婚生活と夫婦のあり方がどんどん変わってきている昨今。現在50代の夫婦と20代の夫婦では、夫婦間のコミュニケーション方法がかなり違うのではないでしょうか?

そこで今回は、現代の夫婦のあり方を探るため、リクルートマーケティングパートナーズが企画制作する結婚情報誌『ゼクシィ』が20~50代の既婚男女1,600人を対象に実施した「新しい夫婦のカタチと夫婦円満度に関するアンケート」の結果をご紹介します!

 

■夫婦円満度が最も高いのは20代夫婦!

調査ではまず、20~50代の夫婦に「毎日コミュニケーションを取るようにしている?」と質問。

すると、20代で「YES」と答えたのは人は72%と高かったのに対し、50代ではかなり下がって50%に。

20代は新婚夫婦が多いから……ということも考えられますが、長く連れ添って暮らしてきた夫婦の半分に毎日のコミュニケーションがないとは、何とも寂しいことですね。

次に、「お互いを尊敬している?」と尋ねたところ、20代夫婦で「YES」と答えたのは52%だったのに対し、50代では37%。その割合は年代が上がるにつれて下がっています。

何十年もともに人生を歩んできた熟年夫婦こそお互いを尊敬しているのでは、と思ってしまいますが、50代の約3分の2がパートナーを尊敬していないという結果に……!

一方、年代別に夫婦円満度を100点満点で自己評価してもらうと、最も高かったのはやはり20代で平均81点。最も低かったのは50代で、71点でした。

若い夫婦のほうが仲が良いことが判明しましたが、その秘密は密なコミュニケーションにあるのかもしれませんね。

 

■不仲の原因!? 夫婦のコミュニケーションを悪化させる会話

たとえ毎日コミュニケーションをとっていても、会話次第では年代に関係なく夫婦間の満足度が低くなってしまう場合もありそう。

では、夫婦仲が悪くなりそうな会話とはどんな内容なのでしょうか? 筆者の周りにいる夫婦の経験談をご紹介します。

Serious sad woman thinking over a problem, man sitting aside, end of long-term relations, an alcoholic, drug addicted partner, poor conflict management skill, ongoing disagreements with adult son

(1)お金に関する不満

結婚14年目のMさん夫婦は、新婚時代からお金に関するケンカが耐えなかったそう。共働きですが、「夫にもっと働いて稼いできてほしい」そうで、お金の話になると必ず口論になるとか。

(2)子どもの教育に関する意見の相違

Tさん夫婦は結婚9年目で6歳の子どもが1人。「夫が子どもの教育やしつけに無関心で助けてくれない」ことがTさんの不満。

Tさんは頭に血が上りやすいタイプ、夫はのんびりタイプで、どちらかと言えばTさんが一方的に口撃することが多いようです。

(3)性の不一致

結婚12年目のKさんには、子どもが2人いて「もう夜の夫婦生活はいらない」と考えています。しかし夫はそんな性生活に不満があり、それが原因で険悪な雰囲気になることが多いそうです。

海外の心理学サイト『Psych Central』によると、夫婦間コミュニケーションの間違いの多くは、怒鳴り合うことや競争心を持つこと、そして夫婦2人でなく“自分”の立場や都合だけで考えてしまうことにあるそう。

夫とのコミュニケーションがうまくいっていない場合は、普段このような表現方法や態度、考え方をしていないか、2人の関わり方を見直してみると良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか? 心当たりがある人は、夫にまずは優しい言葉をかけたり、笑顔で接することから始めてみましょう!

 

【関連記事】

※ もうムリ!5位単調すぎ…「妻が夫に抱かれる気にならない理由」1位は

※ 不仲夫婦は一緒にしない!ラブラブ夫婦が「年に5回以上していること」とは

※ 3位小言を言わない!夫が「妻が変わればときめくこと」驚愕の1位は…

ひと言で夫婦円満!? お疲れママの「ココロがうるおう」意外な秘密とは

4位篠原涼子!既婚男性が「ねぎらってほしい芸能人」もちろん1位は…

 

【参考】

※ 新しい夫婦のカタチと夫婦円満度に関するアンケート ‐ リクルートマーケティングパートナーズ

※ Marriage Communication: 3 Common Mistakes and How To Fix Them ‐ Psych Central