VenusTap

悩めるプレママへ!専門家が推薦「妊娠中のスキンケアブランド」3つ

女性にとってライフステージの大きなターニングポイントである、“妊娠”。喜ばしいことではあるものの、食生活が変化するだけでなく、今まで愛用していた化粧品が肌に合わなくなったりするなど、新たな悩みが生まれてしまうことも……!

そこで今回は、ビューティアテンドが運営する『epidemia』の「BAトレンドラボ」が妊娠中のママを対象におこなった「“肌の悩みと化粧品”に関する意識・実態調査」の結果とともに、プレママ期の化粧品選びのポイントなどを紹介しよう。

 

■妊娠後、化粧品選びに悩むママは多い!

調査では、20~49歳のプレママ(妊婦)100名を対象に「妊娠後、どんなお肌の悩みを感じましたか?」と質問したところ、下記の結果となった。

1位:香りに敏感になり、香りがきつすぎて使えなくなった。

2位:肌がガサガサする。とにかく乾燥するようになった。

3位:かゆみ、かぶれが出るようになった。

肌状態が変化するだけでなく、香りも受け付けなくなるものがあると化粧品選びはかなり難しくなってくる。

また「スキンケアにかける時間がない」といった声もあり、プレママの多くが「綺麗でいたい」という気持ちを持ちつつ、スキンケアやメイクで苦労しているということだろう。

 

■専門家が伝授! プレママが化粧品選びで気をつけるべき2大ポイント

とくに春は“ゆらぎの季節”と言われており、体調の変化による肌荒れが起きやすく、化粧品選びは慎重にする必要がある。そこで、コスメコンシェルジュの古賀令奈さんに、プレママが化粧品選びで気をつけるべきポイントを教えてもらった。

Young women are looking at the components of the lotion

(1)合わないと感じた化粧品の使用は控える

女性は妊娠するとホルモンバランスが大きく乱れるため、身体にもさまざまな変化が起こる。上述の調査結果を見てもわかるように、「肌が敏感になったり、好きだった香りを不快に感じたりする方が多いです」と、古賀さん。

たとえ、お気に入りの化粧品だったとしても「合わない」と感じたらしばらく使用を控えるようにしよう。

(2)使用前・購入前に、しっかりと成分チェックを

プレママ期は、これまで以上に化粧品の成分をしっかりとチェックすることも大事。

「エイジングケアをしている人は、お手持ちのコスメに“レチノール”や“トレチノイン”が配合されていないかご確認を。これらの成分は、胎児に影響を及ぼす恐れがあります。愛用品の中にこれらの成分が含まれていないか、いま一度確かめてみてください」と、古賀さん。

他にも、ピーリング剤やニキビケア用品によく含まれている“サリチル酸”、美白化粧品で用いられる“ハイドロキノン”、さまざまなコスメで防腐剤として使用される“パラベン”などにも注意が必要だ。

手間かもしれないが、プレママ期は2人分の命を背負っていることも意識した化粧品選びを心がけよう。

 

■プレママにオススメの化粧品ベスト3

ここまで化粧品選びで注意するポイントを紹介したが、具体的にどのようなコスメを選べば問題ないのだろうか。古賀さんに、オススメの化粧品ブランドを紹介してもらった。

(1)『トゥヴェール』(トゥヴェ-ル)

「健やかな肌を保つにためには、うるおいが大切です。保湿力に優れた“セラミド”配合のコスメを取り入れてみてはいかがでしょうか?」と、古賀さん。

おすすめなのが、高濃度のセラミドコスメが展開されている『トゥヴェール』。成分から考えて、とてもお買い得な価格で提供されている良心的なブランドだそう。

peru15さん(@peru155699)がシェアした投稿

(2)『ミノン』(第一三共ヘルスケア)

肌への安全性にこだわって作られた『ミノン』は、1973年に化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたいという想いから誕生したブランド。

古賀さんによれば「赤ちゃんから大人まで使える全身シャンプーは、持っておくと産後にも使える便利なアイテムです」とのこと。

また、「スキンケアラインの製品『ミノン アミノモイスト』は、うるおいの素となる“アミノ酸”を配合。とくに、保湿マスクは乾燥が気になるときのスペシャルケアに活躍します」と古賀さん。

パタパタ動き回る毎日だけど、いつでもツヤをたたえた潤った肌でいたいから、ミノンの『アミノモイスト ぷるぷるリペアジェルパック』を投入✨ スキンケアの最後に使う”塗るパック”。 さくらんぼ1粒大🍒の量を顔〜デコルテになじませると、潤いの膜をはったみたいにホールドされる。 塗った直後は「ベタつくかな?」と思いきや、時間が経つとサラッとするから寝る直前や朝のメイク前にもへっちゃら✌︎♪ 肌の奥まで潤いがいきわたって満たされる感じ💕 #ゆいコス #beauty #minon #cosmetics #makeup #skincare #love #ミノン #贅沢ケア #スキンケア #塗るパック #ミノン_PR #保湿

松下侑衣花 Yuika Matsushitaさん(@yuika_matsushita)がシェアした投稿 –

ラインナップの商品は2,000円以内で購入できるものばかりで、お値段が手軽なのも嬉しいポイント。肌にもお財布にも優しいブランドとして、プレママであれば一度はチェックしておくべきではないだろうか。

(3)『NOCOR(ノコア)』(フューチャーゲート)

「プレママにとって深刻な悩みといえる妊娠線。できてしまった妊娠線や肉割れ、シミなどをケアするために開発された『NOCOR(ノコア)』というブランドも注目されています」と、古賀さん。

“パラベン”をはじめとした気になる成分をカットしていたり、妊娠中の匂いに配慮した香りづくりにこだわっていたりと、プレママにとってうれしい要素が満載だそう。ボディケアのアイテムとして、1本持っておくといいかもしれない。

1人目妊娠中はお腹に大したケアもしないままでしたが、 妊娠線には全く無縁だったわたし👩 ・ 双子妊娠中も、 最初は毎日クリームやオイルを塗っていたけど、 できる気配もなかったので、 『あたしはできない体質だー✌️』 と勝手に思いこみ、 入院中の最後の辺は気にもしてませんでした… ・ がしかし‼️ 大きくなりすぎたお腹の下腹部に しっかりできていたではありませんか‼️ そこは鏡を当てないと見えない部分💀 気付いた時には、時既に遅し… ・ ギャランドゥー並みのw、 下腹部に広がる妊娠線に哀しくなりながら、 口コミで検索した一番効きそうなクリームを購入💸 ・ でも妊娠線ってできたら消えないって言うしなー😞 せめて薄くなってほしいと切実に祈りながら、今日もせっせこクリームを塗ってます👋💦 #やはり腹囲100センチ限界超えてました #妊娠線って痛いんだね #ビリビリ⚡️ #皆さんもお気をつけください ・ #nocor #organic #organiccosmetics #ノコア #オーガニック #オーガニックコスメ #妊娠線 #妊娠線消したい #妊娠線やばい #双子妊婦 #双子妊娠 #双子育児 #双子育児記録 #双子育児レポ #twinstagram

rieさん(@fritzhansen0704)がシェアした投稿 –

 

女性にとって、自分に合った化粧品選びはとても大切なこと。体が変化する妊娠中や産後は、とくに神経を使う時期だろう。スキンケアにお悩みのプレママは、今回紹介したポイントやブランドを参考に、ぜひ一度インターネットで検索してみてはどうだろうか。

 

【関連記事】

※ 4位深田恭子!男が選ぶ「キスしたい唇の芸能人TOP5」&モテ唇ケア

※ 「もう女として見れない」は何位?出産に立ち会った夫の本音1位は

※ おむつかぶれ知らず!美容家ママがやってる「赤ちゃんのお尻ケア」

※ 35歳から臭い!? 夫の25.8%が「妻の加齢臭」にオエ~…やるべき対策3つ

※ 1週間落ちないって本当?消えないアイブロウ「眉ティント」使ってみた

 

【おすすめ記事(PR)】

交際歴5年の私が「結婚する気が全く無かった彼から突然プロポーズ」された驚きの理由

脱毛するなら芸能人も通ってるココ!9ヶ月0円の脱毛でツルッツルになっちゃおう!

まだ間に合う!2017年のあなたのこれからの運気がわかる!運命線グラフ!

2週間で男性3人が告白!ある女性が「人生最大のモテ期」を手にした方法とは

1か月-7.4kgも!? 巨乳&美痩せを目指す●●配合スムージーが凄すぎ

艶肌はこれで作れる!次の日お肌パーンッな「すっぽん●●」って?

 

【参考】

「肌の悩みと化粧品」に関する意識・実態調査 – ビューティアテンド

 

【取材協力】

※ 古賀令奈・・・コスメコンシェルジュ/WEBライター・エディター。おもに、女性の美や健康、生活に役立つコラムを執筆中。企業のオウンドメディアにて、医療やビジネス記事の執筆なども手がけ、多角的な活動を展開。コスメの力をわかりやすく魅力的に伝えることを得意とする。WEBライティング能力検定1級、日本化粧品検定1級。twitterにて、日々の活動内容を更新中。

 

【画像】

David Photo Studio