VenusTap

2位RAD『告白』!高消費カロリーカラオケTOP10&ダイエットにいい歌い方

本格的な春になり、薄手の服を着ることも増えてくるこの時期。冬の間にたまった贅肉が気になる人もいるのでは……? 夏が来る前にすっきりした体になっていたいですよね。

そこで今回は、歓迎会も多い4月にぴったり、第一興商が行った「カラオケ楽曲の消費カロリー標準値調査」から、歌うとカロリーを多く消費できる“高消費カロリーカラオケランキング”をご紹介。

併せて、専門学校ESPエンタテインメント東京でヴォーカルコース講師を担当する佐藤智恵さんに“カロリーを消費しやすい歌い方”について聞いてみました。カラオケ好きの人は、早速試してみてくださいね。

 

■カロリー消費量の多い曲トップ10!

第一興商の通信カラオケDAMには、声の大きさや発声時間などを基に、カロリー消費量を計算してくれる「カロリーカラオケサービス」という機能が搭載されています。この機能で表示されるカロリー消費量の標準値を計算したランキング結果が以下の通り。

1位・・・長編歌謡浪曲 無法松の恋~松五郎と吉岡夫人~(中村美律子)/36.1kcal

2位・・・告白(RADWIMPS)/18.5kcal

3位・・・明日も(SHISHAMO)/17.8 kcal

4位・・・恋を知らない君へ(NEWS)/17.5 kcal

5位・・・真夏の通り雨(宇多田ヒカル)/17.1 kcal

6位・・・フラレガイガール(さユり)/17.0kcal

7位・・・茜さす(Aimer)/16.7 kcal

8位・・・二人セゾン(欅坂46)、ラストシーン(いきものがかり)/16.6 kcal

10位・・・九官鳥(川野夏美)、週刊少年ジャンプ(RADWIMPS)、Dear Bride(西野カナ)、青空Jumping Heart(Aqours)/16.3kcal

(※カロリー消費量はあくまでも目安)

知っている曲や十八番の曲は入っていたでしょうか?

ちなみにこのランキングで選考対象となった曲は、2016年3月1日から1年間に通信カラオケDAMで配信した楽曲のうち、「2017年2月度カラオケリクエストランキング」でトップ500に入った曲となっています。

 

■音楽学校のヴォーカルコース講師が明かす“やせる”歌い方

上述の調査を行った第一興商によれば、カロリー消費量の多い楽曲の特徴として、下記の要素が挙げられています。

・バラードでも感情を込めて強く歌う曲

・アップテンポで激しい曲

・歌唱する時間が長い曲

プラスして、

・大きい声で歌うと消費カロリーが高くなるので、歌唱中はお腹に力を入れた“腹式発声”を意識する

といったアドバイスも。ですが、“腹式発声を意識する”と言っても、自分の歌い方でできているのかどうか分かりづらいですよね。

そこで日本を代表する音楽学校の1つ、専門学校ESPエンタテインメント東京でヴォーカルコース講師を務める佐藤智恵さんに、カロリー消費を高める腹式発声のコツを聞いてみました。

佐藤さんによると、“腹式発声”を身につけるためには、大前提として“腹式呼吸”をマスターすべきなのだとか。

「腹式呼吸とは横隔膜の上下運動です。横隔膜をたくさん動かすためには姿勢が大事。曲がった体勢では、横隔膜を大きく動かせません」と、佐藤さん。

真っすぐな姿勢で行う“腹式呼吸”の練習方法を教えてくれました。

(1) かかとを床に付けたまま万歳し、指先を少しでも天に伸ばす意識を持つ

(2)(1)の体勢のまま、ゆっくり息を吸い、お腹の中に風船があるイメージを持つ

(3)軽く“風船”を膨らませたら、力を入れずに息を吐く

(4)慣れてきたら腕を下ろした状態で、(1)~(3)の呼吸をしてみる

“腹式呼吸”を覚えるだけでも、カロリーの消費量は違ってくるみたいですよ。

 

■“腹式発声”は排便のような感覚で!

“腹式呼吸”を覚えたら、いよいよ以下の手順で“腹式発声”をしてみましょう。

(1)歌う前にストレッチを行う

佐藤さんいわく、筋肉をほぐさずに血流が悪いまま大きな声を出してしまうと、声帯を痛める原因にもなってしまうそう。スポーツと同じように事前のストレッチも大切なよう。

(2)声を発する瞬間にお尻の穴を軽く締めて、内臓を下へ軽く落とす感じで胴回りを外側へ広げる(排便のような感覚)

こうすると、腹の底から声が出るとのこと。なんだかコツがつかめない……という人は、試しに声を出して「アハハ」と笑ってみると感覚をつかみやすいそう。

「体の作りや特徴は人それぞれですが、万人に共通している簡単にコツをつかむ方法は“声を出して笑う”です」と、佐藤さん。お腹を抱えて「ハハハ」と笑う、あの瞬間は誰もが自然と“腹式発声”をしているためだとか。

 

いかがでしたか? 補足として、佐藤さんから「カロリー消費をさらに大きくするために、座って歌うのではなく立って暴れるくらい動いてみては?」とのアドバイスも。プロからの貴重な助言、ぜひとも参考にしたいですね。

 

【関連記事】

意外!1位は指原莉乃と…「デュエットしていて驚く有名人」ランキング

5位浜崎あゆみ「パチンコ台になっていて驚く芸能人」1位の天才は?

2位生まれたときから…女が選ぶ「人生やり直すならいつがいい?」1位は

3位は歯「女性が同性との初対面でチェックする身体のパーツ」1位は?

遅刻はアカン!3位目覚まし時計より「女性500人の寝坊対策」1位は…

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 交際歴5年の私が「結婚する気が全く無かった彼から突然プロポーズ」された驚きの理由

※ 脱毛するなら芸能人も通ってるココ!9ヶ月0円の脱毛でツルッツルになっちゃおう!

※ 1か月-7.4kgも!? 巨乳&美痩せを目指す●●配合スムージーが凄すぎ

※ 艶肌はこれで作れる!次の日お肌パーンッな「すっぽん●●」って?

 

【取材協力】

※ 佐藤智恵・・・コーラスワークを中心に活動。ポップス、ロック、サルサ、オールディーズ、歌謡曲、演歌などジャンルを問わずさまざまな歌い手のライブサポートやレコーディング、CMなどのスタジオワークを手掛ける。並行して音楽・芸能・楽器について学べる専門学校ESPエンタテインメント東京でヴォーカルコース講師を務める。

 

【参考】

楽しく「歌痩せ」!DAMカロリーカラオケランキング – 第一興商