Woman.excite

映画やドラマでの規制! 喫煙シーンよりも親が規制してほしいのは○○○だった?【パパママの本音調査】 Vol.83

© TADAC – Fotolia.com

世界保健機関(WHO)が、喫煙シーンのある映画やドラマなどが若者の喫煙を助長しているとの調査結果を発表しました。各国に「成人向け」に指定する措置を取るように勧告したとのことですが、実際に子どもを持つ親はこの措置をどう思っているのかを聞いてみました。

Q.喫煙シーンのある映画を成人指定、どう思う?
1.賛成  12.4%
2.どちらかと言えば賛成  12.9%
3.どちらかと言えば反対  24.1%
4.反対      19.4%
5.わからない・どちらとも言えない 31.1%

わからない・どちらとも言えないがもっとも多い31.1%という結果になりました。映画などのフィクションのなかでの規制はどこまでするのがいいのでしょうか? また、ネット動画などが増えている今、映画の規制がどれほど効果があるか疑問に思う声もありました。

■映画の中だけ規制するのは意味がない!

実際に喫煙している大人が世の中にいるのに、映画で規制しても意味があるのかという意見が多くありました。また、喫煙を規制するなら、殺人が起こる探偵ものや刑事ものはどうなの? という声も。

「映画で見たからやりたくなるのなら、泥棒や器物破損なども、全部ダメにしなきゃいけないでしょう。バカバカしい」(千葉県 40代女性)

「映画で指定したって、喫煙者は吸うわけだし、それを子どもは見ているんだし、映画からは煙は出ないよ」(鳥取県 50代女性)

「未成年の喫煙シーンではなく、大人の喫煙シーンを規制? それはやりすぎでしょう」(神奈川県 40代女性)

■たばこより規制してほしいのはこんなこと

親としては、たばこよりも成年コミックの広告や残虐なシーンのほうが規制してほしいという意見もありました。親が本当は見せたくないと思っているのは喫煙シーンよりもたくさんあるようです。

「喫煙シーンよりも、携帯マンガのエロい広告を規制すべきだと思う。ニュースを読みたいのにひどい広告が出る。あんなのが増えたら誘拐とか、わいせつとか増えそう」(神奈川県 30代女性)

「たばこが似合う役柄もありますよ。だからって子どもが映画を観られなくなるのはどうかと思う。それなら残酷な描写やゲームの規制をしてほしい」(千葉県 40代女性)

■善悪の判断がつくように教えることが大事

たばこだけでなく「映画で見たからやった」「友だちがやってたから自分もマネした」など言って、責任転嫁してしまうこと自体が問題。自分でいいことと悪いことの判断ができるように親や周りの大人が教えてあげられるといいですね。

「見たからやりたくなる、だから見せない? 見たけどやっちゃいけないことはやらないという認識をしっかり持たせることが大事。『映画で喫煙シーンがあったからたばこを吸いました』は、悪いことをして、人のせいにするのと同じ」(神奈川県 40代女性)

Q.喫煙シーンのある映画を成人指定、どう思う?
アンケート回答数:8213件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)