Woman.excite

夫に「早く帰ってきてほしい」人は〇%! 残業手当よりも〇〇が欲しい

© blanche – Fotolia.com

つい最近話題となった「プレミアムフライデー」。月末の金曜日は「午後3時の退社」をすすめ、ショッピングや食事などの消費を楽しんでもらおう! という国の試みに「普段は帰れない時間に好きなことができるからうれしい」という意見もある一方、「仕事が回らなくなる」「時給で働いてる人は?」といった意見もあがっているようです。

そんなプレミアムフライデーについて、今回は妻の視点からみたアンケート調査結果をご紹介しましょう。

■噂のプレミアムフライデー、実施している会社は大手

会社に勤める配偶者がいる女性を対象にした、リビングくらしHOW研究所の「プレミアムフライデー」についてのアンケート結果によれば、762人の有効回答者のうち、夫の会社がプレミアムフライデーを実施しているのは44人(5.8%)と少数派で、646人(84.8%)が「実施されなかった」と回答しています。

出典/株式会社リビングくらしHOW研究所「プレミアムフライデー」についてのアンケート

企業規模別では、実施された(部署により実施された)会社の内、4分の3が「従業員数1001名以上」の会社に勤務していることも判明。

規模の大きい、大手のみ実施されているのが現状のようです。

■夫の1か月の残業時間は?

「あなたの配偶者の普段の1か月あたりの残業時間は何時間ぐらいですか?」という質問では、見事に回答がばらけました。

具体的には「残業はない」が7.5%、「5時間未満」が8.5%、「5~10時間未満」が10.6%、「10~20時間未満」が15.1%、「20~30時間未満」が11.4%、「30~40時間未満」が11.0%、「40~60時間未満」が14.3%、「60~80時間未満」が10.5%、「80時間以上」が11.0%となっています。

出典/株式会社リビングくらしHOW研究所「プレミアムフライデー」についてのアンケート

週休2日だと仮定して、日に3時間以上残業している人(月に換算して60時間以上残業している人)は、全体の2割にのぼっている結果となりました。

■夫に「早く帰ってきてほしい」人は何%?

「あなたは配偶者の残業についてどう思っていますか?」というアンケートでは「減らしたい」と答えた妻が全体の50.3%と半数以上を占め、「たくさん働いて、たくさん稼いできて!」と思っている「増やしたい」妻は6.2%と少数派。

出典/株式会社リビングくらしHOW研究所「プレミアムフライデー」についてのアンケート

残業時間に関係なく「夫は残業しなくていい」と考える妻が多いことが伺える結果となっています。

その理由は「育児や家事をしてほしい」「家族との時間を増やしてほしい」「夫の健康が心配」といった声があるようです。

わが家の場合、数年前から夫の会社は「残業をさせない」方針となり、19時ごろには帰宅している日が増えました。

お給料があがることはありませんが、家族で過ごす時間が増え、子どもは学校や友だちの話を披露する機会が日常的にあるのでハツラツとしています。

私も夫の働きすぎを心配せずにすむため「残業ありでお給料アップ」より「残業なし」のメリットに軍配をあげていますが、みなさんはいかがでしょうか。

家庭で舵をとることのできない夫の残業問題、プレミアムフライデーが解決の糸口になることを期待しています。

出典/サンケイリビング新聞社
株式会社リビングくらしHOW研究所「プレミアムフライデー」についてのアンケート
(すだ あゆみ)