Menjoy!

【絶対条件】20代女子が口を揃えて言う「イイ男」ってこんな男!

理想の男性と聞いてどんな人を思い浮かべますか? オシャレな人、お金をたくさん使ってくれる人、学歴が高い人……恋愛対象にするには少し悪いくらいの男が楽しい!なんて女子も少なくはないでしょう。しかし、いつまでも地に足のつかないような男性といる訳にはいきません。では、真の「イイ男」とは一体どんな人なのでしょうか。20代の女子に聞きました。

1:二言のない男

くよくよ文句を言う男ってどうなの? 軸のある男性は信頼度だって抜群ですね。

「男なら、男らしくいて欲しい。約束守ってくれる人がステキ!!」(会社員/24歳)

「二言がある男って全部の発言が嘘に聞こえる。色々理由つけて浮気してそう」(ヨガインストラクター/24歳)

一度承諾したこのに、手のひらを返したかのように文句を言いだす男はろくでなし。こういう男は彼女との約束だって平気で破り、仕事の期限だって守りません。だんだん、人からの信頼を失い、独りぼっちになるでしょう。孤独を埋めるためにありとあらゆる手段を使って、人をそばに置こうとします。こんな、自分のことしか考えられない男にふりまわされる人生なんて、まっぴらごめんですね。

 

2:人に対する態度が公平

人によって、態度を変えない男性は魅力的。人間性も将来性も垣間見れます。

「デート中にレストランで店員に悪態ついてて引いた……後日別れました」(自由業/22歳)

「親に対する態度が悪い人って将来、絶対大切にしてくれないと思う。」(会社員/24歳)

誰にでも公平に接することは大変重要なことです。部下や友達には傲慢な態度をとって、上司やキレイな女の人には態度を変える男は問題外。人の財力や地位に惑わされない男性はあなたが困難に陥ったときにも、どっしりと構えててくれるはずです。やるべきことは必ずやりとげる精神こそ、大切な資源なのです。お金も地位も大事なことかもしれないけど、やっぱり男性の器量で幸せの大きさは決まるものです。

 

3:仕事に魂を込められる人

今、やるべきことに熱中している男性こそ、真の男!!

「彼が仕事に3日に1回は遅刻してて、嫌気がさした。世の中なめてんの?」(飲食業/22歳)

「忙しいのは寂しいけど、一生懸命仕事をしている人がやっぱりかっこいい」(自由業/22歳)

彼女といる時間や地元の友達といる時間が楽しくて、仕事は適当にやってそこそこ楽しく暮らせればいいなんて考えの男は、いつまでたっても地に足がつきません。残業はパス、出張も無理、仕事に魂を込められない男は自分を確立することも、家族を守ることもできません。仕事にベストを尽くし、難しい仕事だってテキパキこなす男性はいい友達、いい上司に囲まれているはず。コミュニケーション力だって、長けているから兄弟仲もいいものです。

 

いかがでしたか?

「イイ男」を見極めるためには、彼の本質を見抜くことです。彼がどんな行動をとる人なのか、なぜその行動を起こしたのか。どんなことに幸せを感じるのか、きっと彼の価値観がわかるはずです。