AUTHORs BEAUTY

初めてのネイルはどんなのが良い?新社会人のための好印象ネイルのポイントを解説

オフィスでもネイルしたい新社会人に捧ぐ。新入社員向けオフィスネイル

電車に乗っていると、4月からピカピカの新社会人を見かけるようになりました。

右も左もわからずに学生から社会人へ。
新社会人の方がチャレンジしたいことの1つに「ネイルサロンでネイルのおしゃれをしたい!」という声を聞きます。
そこで問題なのが、お仕事上どこまでの色の濃さなら大丈夫なのか、ということ。だけど、シンプルで肌に馴染み過ぎてもつまらないですよね。

ネイルをするうえで出てくるいろいろな問題について解決していきたいと思います。

入社直後は清潔感を意識したデザインで好印象を目指す

入社直後は清潔感を意識したデザインで好印象を目指す

一番初めは、本当にシンプルなデザインがいいと思います。「デザインでおしゃれを!」というよりは清潔感で好印象をテーマにすると良いでしょう。

オススメのデザインは、肌馴染みのいい色でのグラデーションやワンカラーなど。

このとき、「肌の色にあったカラーを選ぶ」というのがポイントです。

会社で出会う人全て初対面です。初めの印象はとても大切です。その意味も込めて、初めは清潔感を意識してみてください。

オフィスでのおしゃれを楽しむためには少しの冒険も大事

オフィスでのおしゃれを楽しむためには少しの冒険も大事

入社後何ヶ月か経過して、周りの人に自分のことをだんだんとわかってもらえてきたら、少しだけ冒険してみてはいかがでしょうか。

10本のうち1本だけアートしてみる、色を指によって変えてみる、など楽しみ方は千差万別。

このときのデザインのポイントも、やはり「馴染みのいいカラーであること」です!
オフィスでの好印象ネイルは、「パーツやアートをたくさんする・しない」というよりは、色選びの方が重要だと思います。

ネイリストに相談しながら、肌馴染みの良いカラーでいろいろと楽しんでみてはいかがでしょうか。

ネイルアーティスト/安齋梨恵(Vivian Nail)