旦那の浮気を見破る方法を徹底解説

VenusTap

旦那の浮気

旦那の浮気は探偵に依頼して証拠を掴む|費用相場や探偵の選び方

投稿日:

探偵事務所の費用相場からサービスの概要について紹介

夫の行動や交友関係が最近怪しい、浮気を疑っているけれどまだ決定的な証拠をつかめていないため詰め寄るにも何もできない、と不安を抱えている方も少なくないのではないかと思います。探偵に浮気調査をお願いしてみたいけれど今まで利用してことがないし相場もわからない、という方のために探偵事務所に浮気調査を依頼した際の費用相場やサービスの具体的な概要をご紹介してきます。

最も気になる探偵事務所に浮気調査を依頼した場合の費用

まずは一般的によく利用されている探偵委事務所に仕事を依頼した場合にどの程度の金額がかかるのかという相場から見ていきましょう。

 

単位 金額
1時間 5,000~15,000円
1日 10万円程度
調査全体 40万~60万程度

 

浮気調査の費用概算

浮気調査全体にかかる費用は概算にして約40万~60万で、値段の高いサービスを利用したとしても100万以内が目安だと考えればよいでしょう。調査日数や調査時間、調査プラン、地域によっても金額のばらつきがあるということは考慮に入れておく必要があります。

浮気調査に掛かる費用の単位

探偵事務所によっても異なりますが、調査の最小単位は1時間ごとの料金調査か日数単位の調査で費用が計算される場合が多いです。例えば1時間単位で換算される場合の料金相場は5000円~15000円程度となっています。調査員は、2名程度で行われる場合が多いため、この相場の倍の値段が実際にはかかっているということになります。

また、これを参考に最小単位が1日だという場合は1日の場合は、1万円×2名×5時間=10万円程度と設定されているケースが多くなります。経費が別途必要な場合と込みの場合があるのでそちらにも注意が必要です。

 

3種類の料金プランを比較

それでは、調査依頼する際によくある3種類の料金プランの概要とそのメリット、デメリットを比較していきましょう。

 

メリット デメリット
成功報酬型 結果が出るまで調査をしてもらえる 費用がかさみやすい
時間制型 短期間で終了、費用を安く抑えられる 期間が短いため調査が失敗する可能性もある
パック型 時間当たりの費用が格安 再調査が割高に

 


成功報酬型プラン


調査を依頼する時点で浮気の範囲が全く特定できていない場合、調査に時間が掛かる場合がありコストがかさむので、調査が成功した場合に料金をまとめて支払うという成功報酬型のプランで進めるほうが良いといえるでしょう。この場合の費用相場は35万円~60万円となります。

成功報酬型には2種類あり、成功報酬型の場合は着手金+成功報酬+諸経費、完全成功報酬型の場合は成功報酬+諸費用の合計を報酬として支払う形となります。この成功報酬型のメリットは、仮に調査が失敗した際の費用をおさえる事ができるという点になります。特に完全成功報酬型の場合には着手金を支払うこともないので、出てきた結果のみに報酬を出せばよいという形です。

一方でデメリットとしては契約の前に何をもって成功とするのかの成功条件を細かくチェックする必要があるということが挙げられます。調査期間を事務所の都合で引き延ばされないように協議し、追加料金が発生しないことを確認しましょう。


時間制プラン

時間制プランの場合は最終的にかかってくるおおよその費用は20万円~30万万円となります。会社帰りに誰と会っているのか、出張だと嘘をついて浮気相手と会っていないかなど、ある程度時間や場所、相手の人物を特定できている場合の調査に向いています。

時間制プランのメリットはいつ、どこで浮気をするのかがある程度判明していれば限られた時間のみで調査も終了するため低料金で調査できるということです。一方でこのプランのデメリットは調査の途中からもっと確実な証拠を手に入れたくなった際に、多くの時間が必要になって割高になってしまう場合があるということです。

 

パックプラン(定額プラン)

パックプランのおおよその総費用は30万円~100万円ほどとなっています。1週間の尾行など、浮気の範囲がほとんど特定できていない場合に適しているといえるでしょう。パックは、10時間、20時間とあらかじめ決められた調査時間で購入されています。

パックプランのメリットとしては、1時間あたりに換算すると割安の場合が多いのでより長時間の調査が必要な場合にはお得になるといえます。一方でパックプランのデメリットは、契約した時間を使い切る前に目的が達成した場合に返金システムがないと割高になってしまうリスクもあるということです。

探偵辞書に浮気調査を依頼する場合の概況

それでは続いて実際に調査を利用するとなった際の流れについてみていきましょう。


浮気調査の流れ


調査の基本的な流れとしては、まずはじめに電話かメールで問い合わせをしてから担当者と面談し、金額タイプの相談のうえで合意できれば契約、浮気調査の開始、結果報告、料金の支払いというようになっています。

探偵に依頼するとどんな調査をしてくれるのか

調査の具体的な内容としては、張り込み、聞き込み、証拠の撮影などを中心に行い、その調査結果を報告書にまとめてもらうことができます。この時に成果物として渡される調査報告書は、不貞行為などの浮気の証拠として法廷に提出が可能であり、もし浮気がきっかけで離婚調停などを行う場合には慰謝料をもらうための決定的な証拠となります。

調査日数の目安

浮気調査の平均日数は3~5日、1日6時間として合計の実働時間は約18~30時間ほどと考えられます。旦那の行動を観察する範囲にもよりますが、事前にある程度の目途がついている場合には最短で1日のような場合もあります。一方で何もわからない状態からスタートする場合には約1カ月以上かかる場合もあります。

 

浮気調査を探偵事務所に依頼するメリット・デメリット

実際に探偵事務所に依頼するとなると実際に結果がでるのか、自分で証拠を探すほうがよいのではないかと不安も出てきますよね。ここではメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット

一番のメリットとしては、不貞行為を証明する写真、動画、音声、行動記録など、裁判で有効な資料を入手してもらえるということです。また、訓練された経験のある専門家が対応するので、浮気調査の疑惑、発覚のリスクを抑えることもできます。

仮に浮気の事実がなかった場合に、自分で調査をして夫にばれてしまったら大変なことになってしまうこともあるので、そのようなリスクを回避できます。

デメリット

デメリットとしては浮気の証拠を押さえるまでに時間が掛かれば経済的な負担が大きくなってしまうということです。また浮気の事実であれば、精神的なショックを受けることも考えられます。自ら浮気の証拠を暴きたいという強い意志がある場合にのみ利用しましょう。

 

探偵社を選ぶ時のポイント

探偵社にお願いするほうがより確実な証拠を掴むことができますが、金銭的な問題に発展したケースもあるので、探偵社は慎重に選ぶ必要があります。

ホームページに探偵業届出番号の記載がある

探偵業は都道府県公安委員会へ探偵業届出証明書の届け出をする必要があります。合法の範囲で調査をする証明なので、ホームページがない事務所だとしても届出番号が確認できる事務所にしましょう。喫茶店などで打ち合わせをすると確認できないので、事務所を訪問することが大切です。

料金の細かい説明があるか

料金がはっきりと決まっており、理解しやすい説明をしてくれる事務所を選びましょう。あとから金銭トラブルになるのを避けるためにも理解できない部分は詳しく説明してもらい、自分で払える金額をはっきりと言っても良いです。

最初の料金設定が極端に安いと成功報酬という形で後から高額の料金を請求されたり、調査員の人数が少なく、決定的な証拠をつかめないことがありますので要注意です。

ホームページなどに会社の所在地が記載されているか

個人事業者で、住居兼事務所の場合はプライバシーを守るために所在地をホームページに載せない場合もありますが、基本的に会社の情報を公開していると信用できるといってよいでしょう。

まずは夫の行動パターンを把握しよう

探偵事務所への依頼は、確実に調査が行えます。事実が確認できた場合には、離婚のための裁判の際に法的に有利な証拠を手に入れることもできる一方、簡単に依頼できるほど安価には依頼できません。夫の浮気が怪しいと思ったら、まずは夫の行動パターンを把握してある程度目途を付けてから探偵事務所に依頼するのがよいでしょう。

-旦那の浮気

Copyright© VenusTap , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.