旦那の浮気を見破る方法を徹底解説

VenusTap

旦那の浮気

旦那の浮気で慰謝料はいくら取れる?相場や高額請求するコツを紹介

投稿日:

旦那の浮気が許せないので慰謝料を請求

旦那の浮気が発覚した…。家族として信頼してきた相手の許せない行為に、精神的なショックも大きいものです。

お金で全てが解決できるわけではありませんが、慰謝料を納得できる額で請求したいと思うのも自然な気持ちでしょう。慰謝料の額はそれぞれのケースによって異なりますが、少しでも高く勝ち取るためにはコツがあります。

本記事では、慰謝料の相場や高額請求をするためのコツをご紹介しています。

旦那の浮気の慰謝料の相場と請求先

慰謝料の額は、浮気発覚後の影響の度合いに比例して決まりやすいです。それぞれの状況によって慰謝料は変わるため、具体的な額は弁護士などの専門家に相談をしなければいけませんが、まずは相場を知ることが大切。ここでは、大方の相場について紹介します。

慰謝料の相場は50~300万円

慰謝料の額は、それぞれの状況によって変わるため、明確な基準はありません。ですが、浮気発覚後の生活への影響の度合いに比例しやすい傾向があります。

例えば、浮気発覚後も夫婦として旦那と同居を続けるなら、慰謝料は50~100万円となる場合が多く、浮気が原因で別居になったら100~200万円、浮気が原因で離婚をした場合には200~300万円と額が大きくなる傾向があります。

慰謝料の請求先は旦那が妥当?

慰謝料を請求すると決めた場合、請求先は旦那なのか、それとも浮気相手なのか、または両方なのか悩むところです。慰謝料の請求先を決める際に、一つのポイントとなるのは「財産分与」が期待できるかどうかです。

旦那からの財産分与が期待でき、離婚後も生活の目処が立つお金が入る場合、慰謝料請求をしないケースも多いようです。一方で、旦那に資産がなく、財産分与が期待的ない場合は旦那にも慰謝料請求をする場合が多いでしょう。また、離婚を考えているなら旦那と浮気相手の両方に慰謝料を請求する方が多くなります。

旦那・浮気相手どちらにも慰謝料を「請求すること」自体は簡単です。ですが、実際に支払いまで持っていくのは大変だという現実もあるようです。旦那側はお金を支払いたくないと思うケースが多く、また裁判で証拠が不十分となる場合も考えられ、慰謝料請求は長期化しやすくなることは覚えておいたほうが良いでしょう。

時効で慰謝料は請求できなくなる

また、慰謝料の請求を考えている場合、時効に気をつけておかなければなりません。浮気や不倫の慰謝料は、「浮気が始まってから20年間」、または「浮気を知ってから3年間」、のどちらか短い方で時効が設定されます。

これは、民法の第724条で決まっており、浮気後に旦那と同居していても、離婚している場合でも、時効になると慰謝料が請求できなくなりますので気をつけなければなりません。

浮気の慰謝料が決まる5つの要因

慰謝料は、それぞれのケースによってその額が変わってきます。それでは、慰謝料はどのような要因でその額が決まるのでしょうか。ここでは、浮気の慰謝料を決める主な要因を5つほどご紹介します。

旦那と浮気相手との関係性

慰謝料の額は、旦那と浮気相手の関係性からも影響を受けます。

例えば、旦那と浮気相手の年齢差が大きい程、慰謝料は高くなる傾向があります。また、浮気の期間が長期にわたればわたるほど増額されやすくなります。

また、浮気の主導者がどちらであったかも大切な要素です。主導者が旦那か浮気相手どちらなのかを確認し、証拠を掴んでおきましょう。浮気の主導者に請求した方が、慰謝料は増額しやすくなります。

旦那と自分の結婚生活

自分と旦那との婚姻期間が長ければ、離婚後の再スタートの難易度の高さ、妻側の精神的な影響が考慮され増額になる傾向があります。

また、浮気前の家庭状況も大切です。家庭が円満であった場合、さらに高額になりますが、夫婦仲が冷めていたら減額の可能性も出てきます。旦那の子どもを産んでいる場合には、結婚生活破綻後の影響が大きいので増額傾向になります。

旦那の浮気による自分への精神的ダメージ

もし、精神的なショックが強く、妻側がうつ病などの精神疾患を発症した場合、慰謝料が増額される場合があります。この場合、診断書を準備しておきましょう。

また、旦那が過去にも浮気をしていた場合、浮気をしないという約束をしていることもあるでしょう。このような約束をしていたにもかかわらず浮気が発覚した場合には、悪質であると判断され増額されることがあります。

このように妻側の精神面のダメージの大きさも、慰謝料の額に影響するのです。

旦那の浮気の認識と経済状況

浮気についての証拠もあり不貞が明らかなのに、旦那がその事実を否定していると慰謝料を増額しやすくなります。

また、旦那の経済状況も大切です。旦那の収入資産で慰謝料の金額は増減しますので、高収入であれば慰謝料が高くなる場合が多いでしょう。

浮気相手の態度と経済状況

浮気相手の態度も重要な要素となります。浮気相手に心からの謝罪の姿勢がある場合や、浮気騒動によって退職となってしまったなどの社会的制裁を受けていると減額となります。一方で、旦那が既婚者であることを知っており、家庭を壊すつもりで浮気をしている場合には悪質とみなされ、増額される傾向があります。

また、経済状況についても旦那の時と同様で、浮気相手に慰謝料を請求する場合に、収入資産で増減します。浮気相手に資産がある場合には、多額の慰謝料を請求できる場合が多いでしょう。

旦那から高額慰謝料を勝ち取るためのコツ

請求するなら、高額慰謝料を勝ち取らないと気が収まらない。少しでも高く慰謝料をもらうためには、コツを知っておく必要があります。

旦那が浮気をしている証拠をつかむ

高額慰謝料を勝ち取るためには、何よりも証拠が大切です。しっかりとした証拠がある場合とない場合では、ある場合の方が数十万円〜百万円以上慰謝料が高くなることもあります。

浮気相手とのメールやLINEのやり取りをスクリーンショットしてとっておく、旦那が浮気を認めた文章や音声を保管、浮気相手とラブホなどに出入りしている写真や動画などを確保できたらよりベターです。

もし、自分でこれらの自分で証拠集めが難しい場合には、探偵などに依頼をしましょう。

自分に落ち度がないことの客観的証拠を集める

高額な慰謝料を請求する際に、浮気の証拠とともに大切なのは、妻側に落ち度がないことを示すことです。夫側は慰謝料を払いたくないために、妻側に落ち度があったように仕向けてくることがあります。こちら側に落ち度があったと認められてしまった場合には、慰謝料を取ることができなくなります。

普段の会話や夫婦生活が良好であることを記録し、家族で旅行に出かけた時などの楽しげな写真を準備しておきましょう。夫婦関係が破綻していたから浮気をしたと主張されてしまうと、慰謝料が減額になりかねません。

また、日常では家事や育児を疎かにしないなども大切です。自分に落ち度がない証拠を集めておき、慰謝料が減額になる要因を排除していきましょう。

納得できる慰謝料を貰って決着をつける

旦那の浮気を知ってしまったときの精神的苦痛は大きいものです。お金で心の傷が癒されるわけではありませんが、納得できる慰謝料をもらって決着をつけるのがせめてもの救いです。高額な慰謝料を勝ち取るためには、慰謝料についての知識を正しく持って有利に進めていくことが大切です。

-旦那の浮気

Copyright© VenusTap , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.