旦那の浮気を見破る方法を徹底解説

VenusTap

旦那の浮気

浮気男への対処の仕方|結婚生活をやり直すか思い切って離婚するか

更新日:

浮気男の浮気を見破るポイント

浮気をはじめたら、普段と旦那の行動パターンが変わってきます。男は単純な生き物なので、気付かれずに済んでいると思っているでしょう。そこを狙って、じっくりと観察してみましょう。簡単にボロが出るかもしれません。

まずは疑っていることを旦那に気づかれないように

旦那の行動がいつものパターンと違ってきて、帰りが遅くなったとか、知らない間に増えている物があるなどという時は、もしかしたら、旦那が浮気しているのかもしれません。しかし、疑っていることがばれてしまうと、もっと旦那は慎重に行動するようになるかもしれません。または開き直って、こちらを攻め立ててくるかもしれません。

自分が、旦那とまた仲良くよりを戻したいのか、または三下り半を突き付けるのか、それによって対処の方法は変わるので、まずは浮気を疑っていることを感じさせないようにしましょう。

旦那の携帯が鳴ったらさり気なく離れて様子を見る

今まではそこら辺に放って置いた携帯電話を、トイレだろうが風呂だろうが、どこに行くにも必ず持ち歩くようになったら、要注意です。携帯がの着信音が鳴っても、すぐに確認しないで、何かおどおどしているようなそぶりを見せたら、旦那からは気付かれないように他の用事でもあるふりをして、そっとその場を離れてみる事です。その後に旦那が携帯をこっそりとチェックしてニヤニヤしていたら、アウトかもしれません。

しかしながら、携帯を覗いてチェックするのは、もう少し、後にしておいた方がいいでしょう。証拠がつかめないうちに勝手に旦那の携帯を覗いているのがばれてしまうと、勝手に人の携帯を覗く人と、レッテルを張られて携帯を渡してくれなくなるいい口実になりますし、浮気をより巧妙に隠すようになるでしょう。

同じ質問を時間おいてまたする

旦那が話してくれた予定だけど、なんだか怪しい、本当かな?と思った時にどんな予定だったか、誰と、どこで、いつということを正確に覚えておき、忘れたころにもう一度同じ予定のことを聞いてみるのです。

そうすると、人は口から出まかせのことは、以外と細かいことは覚えていないことが多いので、人数が違っていたり、場所や時間が変わっていたりと、話のつじつまが合わなくなっていることが多いです。その時は、その予定は怪しいと思いましょう。

女の勘はだいたい当たる

旦那の行動が何か怪しいと思ったら、それは女の勘が働いたのかもしれません。旦那が携帯を隠す、あるいは鳴っているのに出ない、不自然な休日出勤が増えてきた、日付をいちいち確認してから約束事をするようになった、食欲が無い、身なりに急に気を使うようになった、外出の理由がはっきりしない、匂いが違うなど、怪しいと思いだしたら、いろいろ気になる点に気付くことでしょう。

ピンと来た時は、あくまでもさりげなくですが、本人に聞いてみてもいいでしょう。旦那の目が泳いでいたり、あるいは必要以上に多弁になったりしたら、勘は当たっているのかもしれません。

 

パートナーが浮気男だとわかったら妻としてどうするか

相手が浮気男だと完全に分かってしまったら、その先の人生を考えなければなりません。一緒に関係を修復するか、またはスッパリと離婚してしまうか、辛い気持ちでいるうちは、なかなか考えられないかもしれませんが、結婚生活を続けるつもりなら浮気相手とは別れさせないといけませんし、離婚するならそれはどうでもいいですが、その浮気相手からも慰謝料を取ることを考えましょう。

結婚生活を続けるなら

自分の気が済むことを旦那にとことんしてもらう

復讐するつもりではないですが、自分だって、とても苦しい、嫌な思いをしたからには、せめて何らかの代償が欲しいでしょう。でしたら、旦那にはとことんまでわがままを聞いてもらおうと思うのも当然です。

欲しかったとても高価なブランドのバッグを買ってもらうとか、海外旅行に連れて行ってもらう、旦那のこずかいは当分無し、子供と一緒にどこかへ出かけて行ってもらって自分はお金と時間を好き放題に使って過ごせる日を貰う、家事を全部やらせるなど何らかのペナルティを条件として許すことにすることがまず考えられます。

後は、旦那に今後、一切浮気はしないと誓約書を書かせるとか、携帯を新しくさせて番号も変えさせる、メールアドレスやSNSも止めさせるか、IDを変更させる。連絡先はチェックして変な番号やアドレスは入れさせないなど、とにかく浮気の元を断つことです。

怒りの矛先を浮気相手に向ける

ドラマみたいですが、浮気相手と対決してもいいでしょう。電話で浮気相手に罵詈雑言を浴びせる、二人が会っているところに乗り込んで平手打ちする、相手に彼氏か旦那がいれば、浮気現場の写真を送り付ける、相手の勤めている会社にその女性が浮気している事実を知らせて、会社に居づらくさせる、SNSで写真を拡散させる(もしかしたら逆に訴えられるかもしれませんが)、不法行為として損害賠償(慰謝料です)を請求する、などのことが考えられます。

人のものを取っておいて、何も代償が無いのはおかしいです。ただ、相手は不倫のような人の道に反することを平気でするような女です。もしかしたら、逆ギレして陰湿な報復行為に走るかもしれません。

旦那と浮気しているなどと旦那の会社に証拠付きで言いふらされたら、下手をすると旦那はクビです。旦那と離婚するのならともかく、関係を修復しようとする場合は旦那が会社をクビになったら経済的に非常に苦しい立場に追い込まれますので、そのようなリスクもあることは、覚えておいて損はないと思います。

なぜ旦那が浮気したのかとことん話し合う

これから、旦那と関係を修復していこうと考えるのならば、浮気の原因について、突き詰めて冷静に話し合い、なぜそうなってしまったのかを理解するべきです。ただ単に怒りに任せて怒鳴り散らし、暴力を振るっても、解決はしません。

旦那も、自分がなぜ浮気をしてしまったか、もしかしたら良く理解していないかもしれません。旦那も妻には申し訳ないという気持ちと、罪悪感があるに違いありません。旦那本人が理解できれば、もう浮気はしないでしょう。

妻側も、自分の家庭を振り返ってみて、何か原因は無かったか、旦那に孤独感を味合わせていなかったか、子供中心になるとつい、旦那のことは放って置きがちなので、改めるようにする、とか男の自尊心を知らず知らずのうちに傷つけていなかったか、など多くの男性は愛されていない、と感じた時に浮気・不倫などに走ることが多いようですから、旦那にそのような気持ちを感じさせないようにすることです。

離婚するなら冷静に準備を進める

慰謝料をもらうための証拠集め

浮気がどうしても許せない、という場合は離婚ということになります。民法的にも不貞行為、この場合の不貞行為は肉体関係のことですが、これは立派な離婚事由として認められているので、確実な浮気の証拠さえ押さえておけば、離婚は成立しやすくなるでしょう。慰謝料と養育費を相手から確実に取れるように、まずは動かぬ証拠を押さえましょう。

その調査には、自分で調査する人と、探偵、興信所などを使う人がいますが、探偵などを使う場合は費用がかかります。おおむね1時間2万円、全部で10万円~数十万円はするものと思っておいた方がいいです。

自分で調査する場合は、調べられていることが相手にわかってしまうリスクがあり、証拠を隠されてしまう可能性があります。それに動かぬ証拠とは、案外難しいもので、二人でラブホテルに入った所を写真で押さえるとか、二人で宿泊した証拠などは強い証拠ですが、街中を一緒に歩いているとか、レストランで食事している程度だとあまり強い証拠とは言えません。後は、本人が認めていれば、本人に「何月何日、どこどこで、誰々と肉体関係を持ちました。」などと書いた文書や録音があれば強いです、しかし、本人が認めていない場合は、この方法は使えません。

それと、証拠集めに夢中になるあまり、相手の家に不法侵入するなどした場合は違法収集証拠といって、証拠として採用されない、ということは裁判には影響しないということになるため、注意しましょう。

感情に任せない

腹が立って、怒りに任せて離婚届けを突き付けたくなる気持ちもわかりますが、ここは、いったん冷静になることです。子供のこともありますし、住む家のこともあります。財産分与の話合いや、特に今回は相手方の浮気が原因ですので、慰謝料や子供の養育費の件もあります。その他、姓を変更するかどうか、税金や公共料金、銀行など、いろいろ話すべきことはたくさんあります。

協議した結果は、公証人役場で公正証書として作成するといいでしょう。その時に強制執行認諾条項付きにしておくと、相手が慰謝料や養育費を払わない場合、通常は裁判を起こして請求しなければならないところを、裁判を飛ばしていきなり強制執行の申立てが出来るようになります。

どうしても、感情的になってしまって、まともな話し合いにならないというのであれば、家庭裁判所の離婚調停を利用してみてはいかがでしょう。調停が不調または相手が出てこない時は正式裁判で離婚ということになります。

なぜ旦那が浮気したのかとことん話し合う

離婚したとしても、まだ長い人生が残っています。その時には、また恋のひとつやふたつはするでしょうし、したほうが幸せな人生を送れるでしょう。しかし、また同じような浮気性の男を好きになってしまったら、再び同じことの繰り返しです。そうならないためにも、分かれる旦那と話をしてみて、この男が実はどんな男だったのかを確かめてみましょう。同じ失敗は繰り返したくないですからね。

旦那を浮気男にしないためには

浮気をさせなければ、関係修復だの、離婚だの、面倒なことを考えずに済みます。ちょっとした心遣いで、浮気心を無くすことができますので、実践していきましょう。家事をあまり手伝ってくれないからといってイライラを丸ごと旦那にぶつけていては、家に帰ってくるのも嫌になります。

仕事でのストレスを気遣う

男は、仕事で認められたい生き物です。しかし、仕事をすればするほど、上手くいかない時はストレスが溜まるものです。それを家で奥さんに話して(話すだけでなくスキンシップもして)スッキリできる環境になっていれば、旦那もうまく仕事のストレスを解消できるのでしょうが、それが出来ない家だと、仕事の愚痴を聞いてくれるのは会社の人間ということになります。

その相手が女性だったら、浮気に発展してしまう可能性があります。疲れて帰ってきた旦那には愚痴のひとつでも聞いてあげましょう。

旦那優先にする

どうしても、子供優先になりがちなのはわかりまし、奥さんも仕事を持っているとなおさらですが、旦那にも目を向けてあげないと、家庭で孤立しがちになってしまいます。子供には、お父さんは偉いんだよ、というところを見せてあげて、奥さんも大変でしょうが、出来るだけ旦那との二人の時間を作ってあげて、昔のラブラブだったころのことを思い出させてあげてください。

きれいでいようと努力する

いつまでも美しくあろうとすれば、旦那もいつまでも妻を女性として見てくれるでしょう。浮気は妻のことを女性として見られなくなったから、という人が多いです。でしたらいつまでも女性として見てくれるように、運動してダイエットしようとか、肌を若々しく保とうとか、部屋着でいつまでもゴロゴロしないとか、努力の仕方はいくらでもあるはずです。

それで旦那の浮気心を鎮めることができるのならば、万が一浮気されたときの辛さに比べれば、何でもないでしょう。下着などにも気を配って、妻がセックスの対象として、いつまでも見てもらえるようにしようとすることも大事です。

旦那が浮気男でも妻は賢く対処して

不幸にして旦那が浮気してしまったら、妻は怒り、そして哀しむでしょう。自分のパートナーが遠くに行ってしまったように感じられますから。しかし、その感情を生でぶつけてしまっても、一時的に旦那は浮気を止めるかもしれませんが、そのうち懲りずにまた浮気をするようになるかもしれません。

そのためには、妻はいったん、冷静になることが大事です。もうこれで離婚してもかまわないのか、それともやはり大切な人だから、関係を修復してこれからも人生を一緒に歩んでいきたいか、一時の感情だけで決めてしまうと取り返しのつかないことになってしまうので、あくまでも冷静に、離婚するならどの方法が一番利益が大きいか、関係修復するなら二度と浮気させないために何をすべきか、考えて行動してください。友達の意見も大事ですが、あくまでも決めるのは自分です。

-旦那の浮気

Copyright© VenusTap , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.