旦那の浮気を見破る方法を徹底解説

VenusTap

旦那の浮気

旦那の浮気が許せない時の対処法|気持ちを整理する方法とは

投稿日:

旦那の浮気がどうしても許せない時に考えたいこと

旦那に浮気をされてた事実が発覚すれば、許せない気持ちになるのは当然の事。だけどその気持ちにいつまでも囚われている状態も、それはそれで辛く苦しく、なんとか気持ちを消化したいと考える人も多いですよね。

いつまでも苦しい感情を抱えていたくない、旦那への愛する気持ちを消そうにも消せない、だけど浮気はどうしても許せない。そんな感情に囚われている女性達は、どのように考えをまとめ、心の整理をつけたら良いのでしょうか。

許せない気持ちを落ち着かせるには

旦那の浮気を許すには、絶対に許せないという怒りの気持ちをいったん落ち着かせる必要があります。瞬発的な怒りを感じる事が悪いわけではありません。ひとしきり怒ったら冷静にならないと、解決するための話し合いができなくなってしまうからです。許せないという気持ちを落ち着かせる方法にもさまざまなやり方があります。

自分が納得できる理由を見つける

自身の怒りを鎮めるには、それを鎮めても良いと思える納得のいく理由を探す事が有効です。自分が旦那の浮気を納得できる理由にもさまざまなパターンがあります。この中にあなたにも当てはまる理由があるかもしれません。

二度と浮気しなければ旦那を許したい気持ちがある

浮気されてしまったけど、旦那への愛する気持ちは変わらないという方は、本心では許したいと感じているはずです。

しかし、許してもまた同じ事を繰り返されたらと考えると怖いとか、裏切られた事へのショックがなかなかおさまらないからと、浮気を許す事で生じる問題が気になって、なかなか許すと決める事ができないのかもしれません。

浮気されても旦那への愛情が消えなかったのであれば、早急に別れ話を持ち掛けるなどは控えた方が良いでしょう。まだ愛情があるにもかかわらず、勢い任せに別れてしまったら後々自分が後悔する事になります。

愛しているから本当は許したいんだという感情も、立派な許す理由になり得ます。

自分にも反省すべき点があったと考えられる

旦那に浮気されたのには自分にも原因があると、自分にも反省すべき点があったと感じる場合は、お互いに改善すべき点があるという考え方で気持ちを落ち着かせる事ができます。

旦那に対する態度に愛情がこもっていなかった、旦那にばかりさまざまな要求を押し付けてしまった、専業主婦である自分が家事をサボっていた、実は自分にも浮気の過去があった等、思い当たる反省点があるならば、それを理由に妥協点を見いだす事ができるはずです。

結論を急がずに時間をおいて考える

気持ちを落ち着けるのに最も有効と言える方法は、結論を急ぐ事無く時間をおいてからゆっくり対策や解決法を考えるという手段です。

また浮気される事があるかもしれないとか、裏切られた事へのショックが直ぐには収まらないとか、いろいろ考えてしまって許していいのか分からなくなってしまう方もいるでしょう。そんな時は、早急に結論を出そうとせずに、自分の気持ちが落ち着くまでゆっくり時間を置く事によって冷静な判断ができるようになる可能性もあります。

先述した事ですが、怒り任せに今後の生活の事や、或いは離婚に関してなどについて判断して結論を急いでしまうと、時間が経って気持ちが落ち着いた頃に後悔する可能性が極めて高いのです。旦那には「落ち着く時間が欲しいから、しばらくそっとしておいて」と考える時間が欲しい事を率直に伝え、一人の時間を確保すると良いでしょう。

専門家に相談して傷ついた心を治療する

一人では気持ちの整理がつけられそうにない、夫婦で話し合っても一向に解決策が見付からないという場合には、心療内科や心理カウンセラー等の専門家へ相談して、許せない気持ちはいったん横に置いておいて、心の傷を治療する事に専念する事もとても有効な手段です。

日本では心療内科への通院は精神疾患を患っている方が行くイメージが強いので、自身が心療内科へ通う事へ抵抗を感じてしまう人も中にはいるでしょう。どうしてもそのような場所を利用しにくい場合は、信頼できる立場の近い友人に相談してみてもいいと思います。

欧米では夫婦セラピーと言って、心理カウンセラーが夫婦の改善点を専門的な観点から診てアドバイスを貰えたりします。夫婦で話し合おうにも、裏切られた側の気持ちを落ち着けるのはとても大変な事です。専門のカウンセラーの力を借りる事は浮気の問題を解決へ向かわせるためにとても有効な手段です。

浮気した旦那に制裁を加えることでけじめをつける

浮気を許すために、浮気した旦那に制裁を加えてけじめをつけさせるという方法もあります。ただし、この方法にはいくつかの注意点があるので、どうしても制裁を加えないと気が済まないという方はいったん冷静になってからこの方法のリスクを確認し、その上で実行に及ぶようにして下さい。

制裁を加えるにしても合法的な方法に絞ること

たとえ浮気という非が旦那にあったとしても、制裁を加えるやり方は妻に法的リスクが伴う可能性が非常に高いです。制裁を加えてやりたいと思うならば、合法的なやり方を徹底的に調べてから行うべきでしょう。

例えば、旦那に暴行を加えたり、第三者に浮気の事実を開示して誹謗中傷するような行為は、場合によっては非合法となり妻側が責められる可能性が高いです。特に暴力を振るってしまった場合は、暴行罪や傷害致死罪などに問われる恐れがあります。

また、インターネット上で実名を公開した上で旦那に浮気された事実を公表したり、近所にビラを撒いたりすると、名誉棄損やプライバシーの侵害等の罪に問われる可能性も大いにあります。最近はインターネット上でのプライバシー侵害問題への懸念の声が広まっていますので、ネット上で旦那の浮気の事実を詳細に伝えるような事にもリスクがある事を頭に入れておきましょう。

合法的に制裁を加えるなら慰謝料の請求が妥当

合法的に制裁を加える方法がいくつかあるので、感情のままに非合法な制裁を加えてしまう事の無いようにいくつかの手段を覚えておくと良いでしょう。

まず第一の方法が、慰謝料の請求です。浮気相手との不貞行為の確実な証拠を集めれば、浮気相手に対して慰謝料を請求する事が可能になります。また、旦那と離婚するのであれば離婚せずに受け取る慰謝料よりも大幅に増額されます。慰謝料には増額するケースと減額するケースがある事も覚えておきましょう。

慰謝料が増額されるケース

  • 浮気の期間が長期に渡る
  • 浮気相手が家庭を壊す意図を持って浮気していた
  • 浮気相手との間に子供ができている、または生まれている
  • 旦那の浮気が原因で精神的な病を発症し診察を受けた
  • 夫婦の間に子供がいる状態での浮気だった

慰謝料が減額されるケース

  • 離婚前から夫婦仲が既に険悪だった
  • 浮気した事実を認め誠心誠意謝罪を行っていた
  • 浮気の事実が知られ社会的な制裁を既に受けている

納得のいく金額を請求するためにも、浮気相手の心情や浮気がどれほどの期間続いていたのかはしっかり調べ、自身がどれほどの苦痛を味わったのかははっきりと伝える事が重要です。

許すことが前提となるが条件付きで制裁を加える

ペナルティーを与える代わりに許すと決め、条件付きの制裁を加える事も有効な手段と言えます。ただし、あまりにも条件の縛りが厳しい場合には、旦那から別れを切り出される可能性もあるので、離婚をしたくないのであればペナルティーの内容は慎重に決める必要があります。お互いに納得がいくような内容にとどめておく事が大事です。

ペナルティーの例

  • 浮気相手と別れ二度と浮気しないという内容の誓約書を書かせる
  • 高価なプレゼントを買ってもらう
  • お小遣いを減額して浮気ができない環境にする
  • しばらくの間、遊びに行く事を禁止する
  • GPS機能を利用し常に居場所を特定する事に同意させる

これらのペナルティーを科す場合には相手の同意も必要となりますので、夫婦でよく話し合いましょう。

旦那の浮気をきっかけに夫婦関係を見直してみる

旦那の浮気を簡単に許す事はできませんが、落ち着いてからならば夫婦関係を見直すための良いきっかけとして捉えられる可能性もあります。では、浮気をきっかけに夫婦関係を見直すような考えに至るには、どのように心を整理すれば良いのでしょうか。

ずっと許さないでいる未来を想像してみる

旦那の浮気をずっと許さずにいる未来を想像してみてください。とてもじゃないけれど、仲の良い幸せな夫婦関係とは言えないと思います。許せない気持ちに蓋をして夫婦関係を続ける事がベストと言えるのか、それとも思い切って離婚してしまった方がお互いのためになるのか、冷静に考えてみませんか?

離婚という手段を選ぶのも大切な解決方法のひとつ、許せない気持ちを手放す事も大切な解決方法のひとつです。未来の生活を思い描いて「今後もこの人と幸せな時間を過ごしていきたい」というように思えるかどうかを、冷静な頭で考え直してみると良いかもしれません。

浮気されたことを教訓にして旦那とやり直す

結婚生活は長くに渡り夫婦でさまざまな問題と対峙しながら、ともに試練を乗り越えて行き、お互いを成長させて行くものです。旦那の浮気を試練と捉え、自分に非が無かったかを見つめ直したり、夫婦関係の改善点をふたりで話し合ったりして、前向きな気持ちを取り戻してやり直しをはかるのも良い解決方法と言えます。

夫婦のコミュニケーションのあり方をよく考え、今まで以上にコミュニケーションをとるよう努め、お互いに夫婦の絆を大切にしていけたら、それはとても素晴らしい事ではないでしょうか。

このような考えに至るには時間が掛かるでしょうが、一人で考える時間を貰えば、冷静に関係を見つめ直して前向きな考えができる可能性だって充分にあります。

浮気されて許せないときこそ冷静になろう

どんなに心が広い女性でも、旦那に浮気されたら「絶対に許せない」と思うのは当然です。しかし、その許せない気持ちにまかせて感情のままに動き続けても事態は一向に解決へと向かいません。

浮気された時は、一通り感情を爆発させたら冷静になる事がとても重要です。結婚生活を続けて行く気持ちがある場合には、特に冷静に判断する力と、どこかで怒りの感情に区切りをつける事が必要となります。

結婚生活は長いものです。そして、結婚自体が簡単にできるものではありません。パートナーと冷静によく話し合って、良い落としどころを見付けていずれは解決させましょう。

-旦那の浮気

Copyright© VenusTap , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.