Venustap

王道「デニムスタイル」で外さない!この夏おススメのトレンドコーデ

2017/07/31 21:00 公開

デニムスタイルといえば世代を超えて愛される万能スタイル。そんな誰もが持っているアイテムだからこそ、「ちょっと野暮ったいかも」、「Tシャツやチェックシャツと組み合わせると普通すぎる」、「流行に乗り遅れていないかな」と心配になってしまう方も多いのでは?
デニムへの注目度が高い今年、憧れのかっこいいデニムスタイルを作るポイントを紹介します!

デニムスタイルのポイントを紹介

誰もが持っているアイテムだからこそ、デニムを穿きこなす女性はかっこよくて憧れますよね。個性を出しやすく、ナチュラルな雰囲気で親近感を与えてくれるデニムスタイルは、大人女子にぴったりのアイテムです。今回は、そんなデニムスタイルをかっこよく決めるポイントを紹介します!

流行「ワイド」デニムスタイル

今年らしさを取り入れるなら、ワイドデニムパンツを選んで。大流行のワイドデニムは、各ブランドがこぞって取り揃える人気アイテム。定番のシャツにも、今年らしいオフショルや刺繍トップス、ロゴTにも合わせやすい、スタイル見え抜群のデニムスタイルです。

出典:zozo.jp

定番のボーダーとの組み合わせもワイドデニムと合わせれば一気に今年っぽいデニムスタイルに。ワイドデニムであれば、気になる体型をカバーするだけでなく、ハイウエストにすることによって、脚長効果も期待できます。柔らかいデニム生地なので夏でもサラリと着こなせます。

出典:zozo.jp

デニムは暑苦しくなりがちなので、夏は素材選びもポイントです。こちらは軽いテンセル素材のワイドパンツで、接触冷感機能が付いているので、夏でもおススメのデニムスタイルです。トップスにカラー入れれば、顔周りも華やかな涼し気デニムスタイルに。

すっきり「スキニー」デニムスタイル

デニムを使ってすっきりと垢抜けコーデを作りたいときは、スキニーを選んで。さらにヒールと合わせればカジュアル感がダウンして、かっこいい大人なデニムスタイルに。

出典:zozo.jp

女性らしい印象に仕上げるにはデニムスキニーパンツ×ヒールがおすすめ。ぴたっとしたスキニーから覗く足首は、細さが強調されてより華奢な印象に。また、濃いめの色のデニムならよりクールな印象に、薄めの色のデニムならカジュアルな印象になります。白シャツと合わせれば、カジュアルすぎないきちんと感のあるデニムスタイルに。ウエストラインやヒップラインが気になる方は、流行のロングカーディガンと合わせて。

出典:zozo.jp

王道のチェックシャツ×デニムの組み合わせも、細めのパンツやスキニーと合わせることでカジュアルながらも垢ぬけた印象に。チェックシャツの前をウエストインすることで、スタイルも良く見えます。

差し色で差をつけるデニムスタイル

定番のデニムスタイルで差をつけるには、差し色で自分らしさをプラスして。トップスや靴に赤や黄色、ピンクなどの明るい色を選べば、夏らしい元気な印象に。

出典:zozo.jp

こちらはセンタープレスラインの入ったダメージ加工デニム。切りっぱなしになっている裾が垢ぬけたデニムスタイルを演出してくれます。デニムと相性の良い赤のトップスで、華やかな印象になっています。

脚長「ハイウエスト」デニムスタイル

こちちらも大流行中なのがハイウエストのデニムスタイル。トップスをウエストインすることで、脚長効果がでるアイテムです。

出典:zozo.jp

定番の白T×デニムスタイルも、デザイン性のあるデニムと合わせれば、一気におしゃ見えスタイルに。ハイウエストで裾に向かってやや細くなっているシルエットが、レトロな印象を残しつつ、オシャレでハイセンスな印象に。

出典:zozo.jp

クロップド丈のジーンズはきれいめスタイルにぴったり。パンプスやぺったんこ靴と合わせれば、足元をきれいに見せてくれます。刺繍ブラウスもウエストインすれば、すっきりとしたスタイルの良いコーデに。

大人カジュアルなデニムスタイル

大人カジュアルに仕上げるには、すっきりとキレイなラインのでるデニムスタイルを選んで。ストレートデニムや、細めのボーイフレンドデニムは、きちんとした印象を残しつつこなれ感があります。

出典:zozo.jp

こなれ感を出すにはストレートデニムがおすすめ。股上が深めのボーイズシルエットですが、裾がカットオフになっていてすっきりとした印象に。ウエストインしてもきれいに着こなせるアイテムです。

この記事が気に入ったら

最新記事をチェックしよう