Venustap

3位鈴木亜美、2位渡辺直美!ハーフorクオーターで驚きの有名人1位は

2016/07/15 05:40 公開

芸能界ではすっかりお馴染みのハーフやクオーターのタレント。もはや、テレビで見ない日はないと言っても過言ではありません。
見れば一目でハーフとわかる人もいれば、「え、この人も!?」と思わずビックリするような日本人っぽい見た目の人も。本人は隠れているつもりはないでしょうが、実は“隠れ”ハーフやクオータータレントは意外と多いんです。
そこで今回『VenusTap』では男女501名に「ハーフ、クオーターと知って驚いた有名人は?」というアンケートを実施。気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■見るからに日本人顔だけど……1位は元AKB48・大島優子!

<ハーフ、クオーターと知って驚いた有名人トップ5>

1位・・・大島優子(18.4%)

2位・・・渡辺直美(11.o%)

3位・・・鈴木亜美(7.6%)

4位・・・Bro.TOM(ブラザー・トム)(7.2%)

5位・・・浅野忠信(7.0%)

結果を見てみると、確かに海外の血が流れているような感じはしない面々ですね。1位の大島優子は、目鼻立ちはハッキリしているものの“純ジャパ(純ジャパニーズ)”な見た目ですが、父親は日本人、母親がアメリカ人と日本人とのハーフということで、大島優子自身はクオーターになります。

「初めて知った」「ぱっちりした目だけど、西洋感はない!」などと、驚きの声が上がりました。

同じくクオーターの木村カエラや黒木メイサたちと比べると、“クオーター感”はかなり薄い印象ですが、特徴としては瞳が“ブラウン”というところ。

「大島優子の瞳の茶色は、不思議と吸い寄せられるな」といった声も。人気の理由は、日本人離れした吸い込まれるような瞳にもあるかもしれませんね。

■痩せればオリエンタル美女? “和製ビヨンセ”渡辺直美

大島優子とも仲の良い、“和製ビヨンセ”こと渡辺直美が2位にランクイン。

日本人の父親と台湾人との母親とのハーフである渡辺直美は、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)の番組内でハーフであると明かし、共演者も驚いていたんだとか。

「さすがアジア人同士、全然分からない」、「台湾だからか、見た目完璧日本人」など、アジア系のハーフであるため日本人とあまり変わらずに気づかないとの声が多数。

今でこそ“おデブキャラ”として定着していますが、中学卒業までは痩せていて、ハーフということでモテていたこともあるとか。かつてはオリエンタルな雰囲気があったのでしょうが、“おデブ化”とともにその影も薄らいだのかもしれませんね!?

■いくつになっても可愛い! 新婚ホヤホヤ“アミーゴ”こと鈴木亜美

3位はデビュー記念日に入籍、妊娠を発表した歌手の“アミーゴ”こと鈴木亜美。父親が中国人と日本人とのハーフ、母親が日本人なので鈴木亜美自身はクオーター。

この記事が気に入ったら

最新記事をチェックしよう