Venustap

手足の動きでバレバレ!「男が好きな女性にだけ見せる仕草」2つ

2016/03/18 16:40 公開

好きな男性ができたときに、気になるのが「私のこと好きかな?」ということですよね。男性がいくら甘い言葉をかけたり、優しくしてくれたりしても、「誰に対してもできることだし、私が好きだからしているわけではないのでは……」と疑心暗鬼になりがち。
そんなときは、彼が無意識にやる仕草をチェックしましょう。そこに隠せない気持ちが出ているのです。
そこで今回は、恋愛アナリストとして年間1万件以上の相談にのっている坂田陽子さんに、男性が好意のある女性の前でやってしまう“手足の動き”についてお伺いしました。

■スクールカーストを決める要素1位はコミュ力

■体or足があなたの方を向いている

スクールカーストが決まってしまう要素の1位から3位は、下記のような結果に。

よく隣同士に座っているカップルや夫婦が、お互いに真横に座っているにもかかわらず体や膝、つま先が相手の方向を向いている光景をよく目にするのではないでしょうか。

「男性は隣に座っているときや至近距離にいるときなどに、体や足が好意を持っている女性の方に向きがち」だと言います。なんでもこれは、「少しでも近くにいたい」という意識の表れなのだとか。

1位・・・コミュニケーション能力(47.0%)

意中の彼と、カフェやベンチなどで隣に座る機会があったとき、または至近距離でお喋りをしているときなどに、彼の体や足がどこに向いているかチェックしてみましょう。

2位・・・容姿(43.7%)

■手の指を組んだり、腕を組んだりしていない

3位・・・運動神経(28.9%)

1位と2位は一生ものだが、3位は披露する場面が少ないため、大人になるとあまり重視されなくなるはずだ。

初対面の相手や緊張してしまう相手と会話をするときなどに、手の指を組んだり、腕組みをしてしまったりしませんか?

逆に家族や親しい友人などと会話をしているときは、手をテーブルの上に置いたり、膝の上に置いたりなど、リラックスした状態ではないでしょうか? 大半の人が「あ~。そういえばそうかも!」と思ったことでしょう。

確かに、小学校時代は女子ですら足の早い子がモテたような気がするし、どれも“動物として優れている”要素ぞろいで、まだ打算の少ない若い価値観がうかがえる。

なんでも「相手に対して警戒心を持っていると、無意識のうちに手の指を組んだり、腕を組んだりなどしてガードをしてしまうのが普通」なのだそう。そのため、そんな仕草がないのなら、好意を持っている可能性があるといいます。

「自分が楽をしたい! 」という欲望から、“お金”や“家柄”に魅力を感じやすい大人と比べて、無意識に健康的で強い遺伝子を残しそうな存在を見極める、原始的なカンが働く年頃なのかもしれない。

■イケてるグループは社会人になってからもモテるのか?

また、さらに“手のひら”を見せる回数が多いのなら、より好意を持っている可能性が高くなるそうです。

男性に限定しても順位は変わらないが、若干コミニケーション能力に比重がかたよっていることがわかる。

今回は、男性が好意のある女性に見せる“手足の動き”をご紹介しました。心と体はつながっているもの。手足の動きをぬかりなくチェックして、嘘偽りのない自分への好意を見極めていきましょう。

この記事が気に入ったら

最新記事をチェックしよう