Venustap

久しぶりなのに…二度と会いたくねぇ!「同窓会で嫌われる言動」3つ

2015/12/31 16:40 公開

年末年始は飲み会が一年でいちばん多い時期です。あなたもたくさんの飲み会の予定が詰まっているのではないでしょうか?
その中の一つに同窓会が入っているという人、空気を読めない行動をして、久しぶりに会った友人にいらぬ反感を買いたくはないですよね。
そこで今回は、フルーツメールが調べたアンケート調査をもとに、同窓会で嫌われる行動ベスト3を見ていきましょう。

■第3位:近況をしつこく詮索される

久しぶりに会った人に対して、近況について「○○君は最近どうなの?」と聞くのは普通のような気がします。ですが、突っ込みすぎるのはNG。相手からしてみれば「なんでお前にそんなこと詳しく教えなきゃいけないんだよ!」と感じるかもしれません。

プライベートなことにズケズケ踏み込むのは、どんなに昔仲が良かった相手でも嫌われてしまうかもと心得ましょう。

■第2位:「老けた」と言われる

同窓会も10年ぶりくらいになると、会う人の印象がかなり変わっていることも多いでしょう。時間が経てば老けるのが当たり前ですが、やはり人は「老けたねー」などという言葉を嫌うようです。

「老けたなー」と心の中で思っても、「落ち着いたね」とか「大人っぽくなったね」など、別の言葉に変換する方がいいでしょう。

■第1位:近況報告が自慢ばかり

相手のことを詮索しすぎるのも良くないですが、だからといって自分のことばかり話すのもこれまたNG。特に自慢話ばかりするのはアウト! 周りの人を不愉快にさせること間違いなしです。

他人に「最近どう?」と聞かれても、サラっと事実だけを話すようにするのがベターでしょう。

同窓会では、懐かしくてついいろいろと話したくなったり聞きたくなったりするもの。ですが相手を不愉快にさせ、気がついたら飲み会の場で孤立……なんて状況にならないように気をつけましょう。

(ライター/VenusTap編集部

この記事が気に入ったら

最新記事をチェックしよう