Venustap

一生お前だけ!男が「離婚したくなる妻vs手放したくない妻」の差とは

2016/04/18 16:40 公開
VenusTap編集部

あなたの主婦仲間にも「夫と離婚しそう……」という人もいれば、「夫とはすごい仲良しだよ!」という人もいるでしょう。できることなら、後者になりたいと思うのは多くの人が願うことでしょうが、この違いはどこにあるのでしょうか?
そこで今回は、7,000件以上の相談実績を持つ離婚カウンセラーのいしだたかこさんに、“夫が手放したくなる妻と手放したくない妻”の違いについて伺いました。

■忙しい男と付き合うには“ブレない自分を持つ”こと

■1:冠婚葬祭などの親戚付き合いも笑顔でこなす

忙しい男性とお付き合いをするとき、共通して言えることはひとつです。それは、女性が、“自分の軸をしっかり持っておくこと”!

妻になれば夫の家族とも冠婚葬祭などの場で、イヤでも関わらないといけないもの。本物の家族のように仲がいいという場合は稀で、やはり気を使ったり、嫁という立場でいびられたりなど、「できれば関わりたくない……」という女性のほうが圧倒的に多いでしょう。

彼とお付き合いをするまでは、自分の夢、目標をしっかりと持っていたのに、お付き合いをはじめると「彼、彼、彼!」となってしまう女性は実際に多いもの。

しかし、そんな面倒な場面だからこそ、手放したくなる妻と手放したくない妻の違いが出てきます。

手放したくなる妻は「行きたくないから……」と仮病を使ったり、ムッツリと不機嫌になったり、夫家族や親戚と露骨に距離を置いたり、夫からすれば「子どもじゃないんだから!」と思ってしまうことをします。

べったり男性に依存してくる女性をうまく扱う余裕がある男性なら、関係が長続きすることもありますが、男性側が多忙でその余裕を持てないと、女性と仕事との間で板挟みになってしまい、次第に心が冷めてきてしまうんですね。

男性にとっては、日々彼氏のことばかり考えている女=ウザイ、重たい、という感情に走ってしまいがちです。彼に依存し過ぎない。これは彼が多忙であるほど意識したほうがよいポイントです。

一方で手放したくない妻は、文句ひとつ言わずにテキパキと周囲に気配りをしたり動き回ったり、苦手でも夫の家族や親戚に笑顔で対応したり、夫からすれば「大変な思いさせてごめんな。ありがとう」と思うことをします。

また、上記の行動からもわかるように、手放したい妻は夫の株を下げて、手放したくない妻は夫の株を上げます。冠婚葬祭、お正月やお盆の集まりなど、あなたも率先して頑張って、夫から「手放したくない!」と思われる妻になりましょう。

■女性にありがち! “勘違い浮気”にも要注意

■2:自分の話ばかりでなく、夫の話も聞けるかどうかが重要

恋愛心理カウンセラーをしている筆者は、「彼氏や夫が浮気をしている。どうしたら良いですか……」という浮気や不倫の相談を受けることがよくあります。その中にかなりの確率で紛れているのが、“勘違い浮気”です。

女性は、彼と連絡が取れない時間が多かったり、週末でも会えなかったりすると、とたんに男性に対して浮気を疑います。

女性というのはお喋りな生き物です。それゆえ、主婦仲間やパート友達とファミレスのドリンクバーで、何時間も語ってしまうこともあるでしょう。

ランクインしている職業、“美容師”については、女性客が多いため疑ってしまうことも多いようで、実際に、美容師の彼氏がいる女性から「お客さんの中に、カレを好きになった人がいるのではないかといつも心配」という相談も。

また、専業主婦で家にいることが多いと、話相手が欲しくてついつい仕事でクタクタな夫に「聞いて聞いて」と、付きまとってしまうこともあるのではないでしょうか? しかし、これはNGです。

しかし、本当のところは多忙なだけで、浮気などは一切ない……ということがかなりあります。

夫が手放したくなる妻は、自分の話ばかりをします。男性は女性のオチのない話を永遠と聞かされるだけでもイライラする生き物。