Venustap

実録!本当に怖い「ママ友トラブル」悩んでいる人の割合はなんと…

2017/01/10 02:40 公開

ドラマなどでたびたび描かれる“ママ友トラブル”。自分だけ仲間外れにされたり、子どもにまで影響が及んだりする様を見ると、「いつか自分も巻き込まれるのでは」と不安になってしまいますよね。
では実際には、ママ友トラブルで悩んでいる人はどれくらいいるのでしょうか。
今回『VenusTap』は、378人の子持ちの女性を対象に「現在、ママ友トラブルで悩んでいますか?」というアンケート調査を実施。早速、結果を見てみましょう。

■ママ友トラブルで悩んでいる人は何%?

はい・・・5.3%

いいえ・・・94.7%

結果を見て、ほっとひと安心。9割以上の人が、ママ友トラブルを抱えていないことが判明しました。ドラマのようなドロドロな人間関係は、身近なものではないようです。

しかし、5.3%の数字は無視できません。どんなトラブルがあるのか、下記で見ていきましょう。

■やっぱりあったママ友トラブル! 対策は?

ママ友トラブルを経験している人は一体、どんな被害にあっているのでしょうか。

女性がグループになると、起こりやすいのが悪口や仲間外れ。Twitterを見ても、経験している人をたびたび見かけます。

もし自分が被害を受けたら、無理にそのグループにいようとせず、思い切って抜ける勇気を持ったほうがよいでしょう。

子どもへの影響を心配してママ友との関係を続けても、ストレスから子どもに当たってしまってたり、ママの辛い顔を見せることになってしまうかも。

ほんとこんなママ友カースト存在するなんて信じられないんだけど

別に子供も母親も最初からハブでいいじゃんって思ったよ、、、

何かされたら証拠とって警察行けばいいじゃん。

— よこ (@yokoyamadaikon) 2016年12月12日

母親になってまで
人の粗さがしして悪口言って
仲間作って優越感に浸ってるなんて
子供にも同じ事させるの?
母親以前の問題だね。

— ママは頑張ってるもん (@dmtdmt342) 2016年12月20日

ママ友同士の板挟みにあって悩む人もいるよう。

最近なぜかママ友同士の架け橋の役割を担っている。なざか。この私が。

— Chiaki Tamura (@tamtam913) 2016年12月12日

ママ友トラブルにも巻き込まれそうになった人にさらに巻き込まれそうになったが、きっと疲れて余裕がなくなってるから怒ってるんだよ、私たちみ今日はもう寝よう。という結論でトラブル回避。でも多分これが真実。

この記事が気に入ったら

最新記事をチェックしよう