Venustap

今年こそ結婚したい人必見!男が嫁選びに妥協できる歳が判明

2017/01/03 04:40 公開
VenusTap編集部

「アプローチしているのに、なかなか彼が振り向いてくれない」
そんな悩みを抱えている女性は少なくないのではないだろう。もしかしたら、アプローチをするタイミングを間違えていたり、彼にとってはどうでもいい部分を“女磨き”してしまっていたりするのかも……!
そこで今回は、婚活会員数50万名を誇る日本No.1の総合婚活サービスIBJが行った「男性のモテ期についての調査」を参考に、男性のモテ期と、男性が婚活で妥協できる女性の条件を紹介する。

■男性は、自身のモテ期を分かっている!?

婚活ラウンジIBJメンバーズに登録している男性会員961名を対象に、“男性の年齢別一人当たりのお見合い申し受け数”について調べた。すると、35~39歳で一気に多くなり、一人あたり154件ものお見合い申し受けがあると判明。つまり、この時期が男性の“モテ期”であると言えよう。

だが、“お見合い成立率“を見てみると、モテ期を迎えている35~39歳はどの世代よりも成立率が低くなっている。

IBJメンバーズのカウンセラーによると「申し受けをお断りしているか、明らかに人気のありそうな女性にばかり申し込みをしているかのどちらかだと思われます 」とのこと。

男性側も「俺、いまモテているから」と認識していて、外見も内面も理想の相手を追い求めているため、なかなか結婚に結びつかないようだ。

■男性はアラフォーだと落ちやすい?

男性陣の“成婚率”は40歳~44歳で72%とピークを迎える。

理想ばかり追い求めてたら結婚できないと気づき、多少の妥協をするのがこの歳なのかも。

■男性が婚活で「まあ、妥協できる」女性の2大条件

婚活を成功させるには、男性が本当に求めている女性を知ること。男性に求められていない部分を磨いても、振り向いてもらえる確率が下がるだけだ。

そこで『VenusTap』の過去記事「3位は処女!35歳過ぎた男が“婚活で妥協できる女性の条件”ランキング」を参考に、男性が婚活ではスルーしてくれる女性の条件をご紹介していこう。

学歴は、婚活の際には目をつぶってもいいという男性が多いよう。だが、自分より高学歴や高収入な女性にコンプレックスを感じてしまう男性がいるのも事実。一部の男性にとっては、“学歴を妥協する=自分より高学歴な女性を受け入れる”ということかもしれません。

“美人・可愛い”は、男性に一番モテる要素ではあるものの、婚活では重視されないよう。ある程度の清潔感と“気を使ってます”感があれば、問題ないのではないだろうか。

それよりも、重点的にチェックされるのが、価値観や金銭感覚が合うかどうか。逆に、最下位だった“一番妥協できないポイント”は「金遣いが荒い」。くれぐれも「金がかかりそうな女だな」と思われないよう、行動には気をつけよう。

女性と同じように男性にとっても、結婚は“人生の一大事”。選ばれる女になるためにも、彼の結婚欲が高まっているタイミングと重視するポイントを見逃さないようにしたい。