Venustap

野心家の酉年生まれには辰!占い師が教える「相性のいい干支」TOP3

2017/01/15 02:40 公開
VenusTap編集部

2017年は酉(とり)年。酉年の人は“鶏のように忘れっぽい”、戌(いぬ)年の人は“人懐っこい”など、干支にも性格に特徴があると言われますよね。ならば当然、干支同士での相性の良し悪しもあるはず。
そこで今回は、人気占い師の大清水高山先生に“相性の良い干支の組み合わせベスト3”を伺いました。今後の出会いの参考にチェックしましょう!

■3位:子(ねずみ)年×戌年

大清水先生によると、ねずみも戌も“安産”の象徴で、この年に生まれた人は家庭を守ろうとするのだそう。

「子年も戌年も安産のお守りに描かれますが、この年生まれの人も安産気質な人が多い傾向があります。どちらも家庭を大切にし、子どもを責任もって育て上げることができるので、結婚に向いている組み合わせですね」

子だくさんで笑顔いっぱいの家庭を築けるとのこと。結婚相手を選ぶなら、子年、戌年生まれの人を狙うと幸せな家族を作ることができそうですね。

■2位:辰(たつ)年×酉年

竜を表す辰と、羽を持つ酉はどちらも空を舞う生き物。それだけに、上へ上へと上り詰めたい上昇志向の持ち主なのだとか。

「辰年は野心家、酉年も野心家だけど要領がいいタイプ。この2人が共通の目的を持つと、運命共同体のようにがっちりと力強く結びつき、グングンと成長することができるでしょう。お互いの強みを生かして、上手に目標に向かって進んでいけます」

恋愛や家庭のペアもいいですが、ビジネスパートナーとしての相性もいいのだそう。お店や会社の共同経営などに向いているとのことなので、起業を考えている人はパートナー選びの参考にしてみては?

■1位:寅(とら)年女子×申(さる)年男子

最も相性がいい組み合わせは、強気の寅年女子と人を上手に操る申年男子でした。

2位と3位は男女どちらでもOKな相性でしたが、1位については女性は寅年、男性は申年と決まっているのですね。

「寅年は十二支の中で一番強い存在。誰の言うことも聞かない強気な人が多いです。そして申年は十二支の中で唯一動物の背に乗ってひょいひょいと移動できる動物。要領がよく、人を操るのが上手です。

つまり、一番強くて自分でグイグイ進んでいける寅年女性の背中に申年の男性が乗ることで、主導権が女性にあると見せかけつつ、手綱は男性が持っているという状態を築くことができ、とても相性のバランスがいいんです」

なるほど、男性にサポートしてもらいながら女性が気分良く生きられるという、最高のカップルになるわけですね!

寅年女子は、すぐに申年の男子を探しに行きましょう!!

■恋愛運が急上昇のラッキーアイテムで出会いを増やして!

しかし、いくら相性が良くても、まずは出会いがないと話が先に進みませんよね。